オキシペタラム Tweedia caeruleum

オキシペタラムの花
写真 オキシペタラム
撮影時期 2005.5.28
栽培状況 鉢植え(冬は軒下で管理)
科名・属名

ガガイモ科
トゥイーディア属

園芸分類

半つる性宿根草

別名

ルリトウワタ
ブルースター

原産地

ウルグアイ、ブラジル

用途

鉢植え、庭植え

花期

5〜9月

【オキシペタラムについて】

オキシペタラムとは、ブラジルからウルグアイが原産の宿根草です。今は、属名が変わりトゥイーディア属とするのが一般的のようですが、旧属名は、「鋭い花弁」という意味だそうです。水色と言う表現がぴったりの涼しげな色合いですので、別名のブルースターという呼び方がこの花にはあっているような気がします。

ただし、最近、'ローズスター'という赤花の品種が出てきましたので、ブルースターと言う名前がそぐわなくなってくるかもしれません。

栽培したところでは、比較的耐寒性があり、庭植えの株を農ポリでトンネルをしておいたら冬を越しました。また、鉢植えの株も、霜の当たらない軒下に置いてあったところ大丈夫でした。

ただし、春にタネを播いて育てた場合、苗の成育がかなりゆっくりなので、その年には花が咲くものの期待したほどは咲いてくれませんでした。冬を越して2年目以降になると枝数も増えて、よく咲いてくれます。上の写真はタネから育てたものですが、この株は3年目になります。

【花の特徴と性質】

オキシペタラムの花

草丈

50〜1mほどになります。葉や茎に白い毛があります。また、葉や茎を傷つけると乳汁が出ます。

花径3pほどの5弁の星形の花で、淡紫から淡青に変化します。ユニークな色合いで人気があります。

耐寒性・耐暑性

暑さには強いですが耐寒性はあまり強くありません。

学名の説明

Tweedia・・・・・スコットランドからアルゼンチンに移住して活動した植物学者 John Tweedie への献名

caeruleum・・・・・「青色の」

【主な種類と品種】

種苗会社のカタログでは、単にオキシペタラムとして載っていますし、園芸店でもその名前で売られています。最近、赤い花が咲く'ローズスター'という品種を見かけるようになりました。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

タネから育てる場合、発芽適温が20度ですので、4月から5月上旬にタネを播きます。直根性で移植を嫌うので、ポットや小鉢に2〜3粒ずつ播き、覆土は5mmほどにします。

発芽後、成育のよい苗を1本残して、他は間引きします。苗の成育がゆっくりなので、育苗期間が長くなります。

植え付け

酸性土壌を嫌うので、植え付け前に苦土石灰を1u当たり50gほどまいて耕しておきます。

鉢底に根が回ってきたら早めに定植します。植えつけの際、摘芯をしておくと枝数が増えて花がたくさん咲くようになります。

初夏が近くなると、園芸店などで苗が販売されますので出ますので、これを植えつけると簡単に栽培できます。

花壇に植えつけるときは、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり5〜6Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。植え付けた後は、活着するまで庭土が乾いたら水やりします。

オキシペタラムの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

20pほどにします。標準のプランターの場合は、3〜4株植えつけます。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところに植えつけます。鉢やプランターの場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

鉢植えの場合は、表面が乾いてから与えるようにし、過湿にならないよう注意します。

オキシペタラムは、あまり分枝しませんので、植えつけた後も、早めに摘芯をして枝数を増やすようにします。

草丈が伸びてくると倒れやすくなりますので、支柱が必要になります。

花ガラをそのままにしておくと、株が弱りますので早めに取り除きます。

冬の管理

霜に当たると傷みますので、花壇に植えている場合は、冬が近くなったら切り戻しをして、霜除けします。鉢やプランターで育てている場合は、霜の当たらない軒下などに移して、水やりは少なくします。

ふやし方

6〜7月ごろに挿し木をすることができます。また、タネを採っておいて播きます。

肥料

元肥に化成肥料を1u当たり50gほど施します。鉢やプランターの場合は、元肥のほか4月以降、液肥を2週間に1回を目安に与えます。

病気・害虫

アブラムシが付きやすいので、見つけたら防除しておきます。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。