トップページに戻るトップページに戻る 「あ」の一覧に戻る「あ」の一覧に戻る 「い〜う」の一覧に戻る「い〜う」の一覧に戻る 「え」の一覧に戻る「え」の一覧に戻る 「お」の一覧に戻る「お」の一覧に戻る 「か」の一覧に戻る「か」の一覧に戻る 「き」の一覧に戻る「き」の一覧に戻る 「く」の一覧に戻る「く」の一覧に戻る 「け〜こ」の一覧に戻る「け〜こ」の一覧に戻る 「さ」の一覧に戻る「さ」の一覧に戻る
「し」の一覧に戻る「し」の一覧に戻る 「す」の一覧に戻る「す」の一覧に戻る 「せ〜そ」の一覧に戻る「せ〜そ」の一覧に戻る 「た」の一覧に戻る「た」の一覧に戻る 「ち〜つ」の一覧に戻る「ち〜つ」の一覧に戻る 「て〜と」の一覧に戻る「て〜と」の一覧に戻る 「な〜の」の一覧に戻る「な〜の」の一覧に戻る 「は」の一覧に戻る「は」の一覧に戻る 「ひ」の一覧に戻る「ひ」の一覧に戻る 「ふ」の一覧に戻る「ふ」の一覧に戻る
「へ」の一覧に戻る「へ」の一覧に戻る 「ほ」の一覧に戻る「ほ」の一覧に戻る 「ま〜み」の一覧に戻る「ま〜み」の一覧に戻る 「む〜も」の一覧に戻る「む〜も」の一覧に戻る 「や〜よ」の一覧に戻る「や〜よ」の一覧に戻る 「ら〜り」の一覧に戻る「ら〜り」の一覧に戻る 「る〜わ」の一覧に戻る「る〜わ」の一覧に戻る メモメモ

オキザリス・バーシカラー Oxalis versicolor

オキザリス・バーシカラーの花
写真 オキザリス・バーシカラー
撮影時期 2008.1.27
栽培状況 鉢植え
科名・属名

カタバミ科
カタバミ属

園芸分類

秋植え球根

別名

ベルシコロル
シボリカタバミ

原産地

南アフリカケープ地方

用途

鉢植え

花期

1月〜3月

【花の印象など】

オキザリスの仲間には、葉や花に結構変化がありますが、オキザリス・バーシカラーもそのひとつです。花が開く前は上の写真のように紅白のねじり飴のような形をしていて、開花すると下の写真のようになります。

開花時期が早いことも特徴の一つで、軒下で管理すれば1月下旬には満開になります。

栽培したところでは、育てやすい点は他のオキザリスと同様で、球根もよく増えます。まとめて植えると、とても見栄えがします。

【花の特徴と性質】

オキザリス・バーシカラーの花

草丈

10〜15p程度です。葉はへら状の細葉です。

花径2pほどで花色は白で、花の縁がほんのり色づきます。日陰になったり、曇りの日は花を閉じる性質があります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は比較的ありますが、冬は凍らせないように軒下などで管理します。

【主な種類と品種】

オキザリスの他の品種は、こちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

球根の植え付けは、9月上旬ごろが適期です。バーシカラーは冬咲き種ですので、鉢植えが適しています。

用土は、市販の草花用培養土でも差し支えありませんし、赤玉土とバーク堆肥を7対3程度に混ぜた用土でもよく育ちます。

覆土は2cmほどにします。もし、球根の植えつけが遅れて、芽が伸びているときは、同じ深さに植えて茎の先を少し出す程度にして植えつけます。

園芸店などでは、春に苗が売られていますので、これを買って育てることもできます。ポット苗など鉢が小さいときは、根鉢を崩さないようにして、大きめの鉢に植え替えます。

株間

3〜5cm程度とし、5号鉢では5〜6球が目安です。

植え替え

球根の間隔に余裕を持たせて植えつけるときは2年に1回でもかまいませんが、詰めて植えるときは、毎年植え替えます。

植え替えのため掘り上げると、よく分球していますので、たくさん増やすことができます。

オキザリス・バーシカラーの花

置き場所

日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

オキザリスは、一般に多湿を嫌いますが、バーシカラーも同様ですので、水やりはやや控えめにします。

冬の管理

バーシカラーは冬の開花になりますので、霜の当たらない軒下などに置いて育てます。

休眠期の管理

葉が枯れても鉢から掘り上げず、水を切って秋まで保管します。

肥料

植えつけ時に緩効性の肥料を与えますが、多肥にする必要はありません。逆に肥料を効かせ過ぎると、花つきが悪くなるので注意します。

病気・害虫

病気もほとんどありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。