トップページに戻るトップページに戻る 「あ」の一覧に戻る「あ」の一覧に戻る 「い〜う」の一覧に戻る「い〜う」の一覧に戻る 「え」の一覧に戻る「え」の一覧に戻る 「お」の一覧に戻る「お」の一覧に戻る 「か」の一覧に戻る「か」の一覧に戻る 「き」の一覧に戻る「き」の一覧に戻る 「く」の一覧に戻る「く」の一覧に戻る 「け〜こ」の一覧に戻る「け〜こ」の一覧に戻る 「さ」の一覧に戻る「さ」の一覧に戻る
「し」の一覧に戻る「し」の一覧に戻る 「す」の一覧に戻る「す」の一覧に戻る 「せ〜そ」の一覧に戻る「せ〜そ」の一覧に戻る 「た」の一覧に戻る「た」の一覧に戻る 「ち〜つ」の一覧に戻る「ち〜つ」の一覧に戻る 「て〜と」の一覧に戻る「て〜と」の一覧に戻る 「な〜の」の一覧に戻る「な〜の」の一覧に戻る 「は」の一覧に戻る「は」の一覧に戻る 「ひ」の一覧に戻る「ひ」の一覧に戻る 「ふ」の一覧に戻る「ふ」の一覧に戻る
「へ」の一覧に戻る「へ」の一覧に戻る 「ほ」の一覧に戻る「ほ」の一覧に戻る 「ま〜み」の一覧に戻る「ま〜み」の一覧に戻る 「む〜も」の一覧に戻る「む〜も」の一覧に戻る 「や〜よ」の一覧に戻る「や〜よ」の一覧に戻る 「ら〜り」の一覧に戻る「ら〜り」の一覧に戻る 「る〜わ」の一覧に戻る「る〜わ」の一覧に戻る メモメモ

オキザリス ‘スプリングチャーム’ Oxalis comosa cv. Spring Charm

オキザリス‘スプリングチャーム’の花
写真 オキザリス ‘スプリングチャーム’
撮影時期 2006.3.25
栽培状況 鉢植え
科名・属名

カタバミ科
カタバミ属

園芸分類

秋植え球根

別名

(特にありません)

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え

花期

1月〜4月

【花の印象など】

オキザリス‘スプリングチャーム’は、タキイ種苗が育成したオキザリスの園芸品種です。その特徴は、オキザリスの中でも、とても大きな花が咲くという点です。しかも、多花性ですので満開になると見事です。

栽培したところでは、育てやすい点も、他のオキザリスと同様です。

【花の特徴と性質】

オキザリス‘スプリングチャーム’の花

草丈

10〜15p程度です。

花径5pほどで花色は、ピンク、黄、橙色などがあります。日陰になったり、曇りの日は花を閉じる性質があります。

耐寒性・耐暑性

冬は凍らせないように、軒下などで管理します。

【主な種類と品種】

ピンク、黄、橙色などがあります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

冬から咲きますので、鉢やプランターで育てるのに向いています。球根の植え付けは、9月頃です。また、園芸店では、鉢に植わったものが秋に売られています。

球根の上下の見分けがつきにくい場合は、横向きにうえると芽が出てきますので心配はいりません。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどでよく育ちます。

植え付けの深さ

オキザリス‘スプリングチャーム’の花

植え付けの深さは、2cm程度土が被る程度にします。

株間

プランターでは5〜10cmほどに、鉢植えの場合は5号鉢に4〜5球が目安です。

植え場所・置き場所

日当たりのよいところに置きます。

植え替え

毎年、若しくは2年に1回は植え替えます。

日常の管理

オキザリスは、一般に多湿を嫌いますが、スプリングチャームも同様ですので、鉢やプランターに植えた場合、水のやりすぎには注意します。

冬の管理

鉢やプランターに植えた場合は、霜の当たらない軒下に置けきます。

休眠期の管理

鉢やプランターに植えている場合は、花後に葉が黄色くなって休眠期に入ったら、鉢に植えたまま雨のかからない日陰に置いて植えつけ時まで保管します。

ふやし方

分球でよく増えます。小球は翌年は咲きませんが、もう1年するとよく咲くようになります。

肥料

それほど多肥にする必要はありません。月に1〜2回液肥を与えます。

病気・害虫

病気もほとんどありません

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。