エリゲロン・スペシオサス Erigeron speciosus

エリゲロンの花
写真 エリゲロン・スペシオサス
撮影時期 2010.6.12
栽培状況 秋播き後、庭植え(冬は農ポリでトンネル)
科名・属名

キク科
ムカシヨモギ属
(エリゲロン属)

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

洋種アズマギク

原産地

北アメリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜6月

【エリゲロンについて】

エリゲロンの中では、ゲンペイコギク ( E. karvinskianus )がよく栽培されていますし、ヒメジョオン( E. annuus )やハルジオン( E. philadelphicus )もこの仲間です。

繁殖力があまりに強いヒメジョオンはさておき、ハルジオンは花が美しく、雑草扱いされているのがかわいそうな気がします。

さて、ここで取り上げているのは、洋種アズマギクのスペシオサスです。上品な花で、もちろん他の草花と比較しても遜色はありません。

栽培したところでは、成育が遅く、秋播きで、春に開花株まで育てることがなかなか難しく、また、耐暑性が弱いのか、夏には枯れてしまいました。

上の写真の場合、スペシオサスは耐寒性があり、本来は必要ないと思いましたが、冬は農ポリでトンネルして育てたものです。それでも、開花する株はごく一部でした。一度、春まきにしてみようと思っていますので、結果はその時に

【花の特徴と性質】

草丈

50〜70p程度になります。

花径3p程度の、ピンクや淡い藤色の花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

寒さには強いですが、夏の高温多湿には弱いので、できるだけ涼しいところで管理します。

耐寒性・耐暑性

Erigeron・・・・・ギリシャ語のeri(早い)+geron(老人)が語源で、早春に咲いた花が咲き終わると、老人の白髪のような綿毛をつけることにちなんでいると言われています。

speciosus・・・・・「美しい」、「きれいな」

【主な種類と品種】

ピンクの花色の 'ローズジュエル' や藤色の花の'アズフィ' があります。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

タネから育てる場合は、秋播きします。寒地では春播きとなります。育苗箱に播きますが、タネは細かいので、タネが見え隠れするくらいにごく薄く覆土して、下から吸水します。

もっとも、秋播きでは翌春に開花させることは難しいので、暖地でも、春播きにして、夏は苗の状態で暑さを乗り切り、秋に定植する方法も考えられます。

発芽後、本葉が3〜4枚のころにポットや小鉢に植え替えて、苗を育てます。

植え付け

タネから育てた場合は、ポットに根が回ったら花壇やプランターに定植しますが、生育がゆっくりなので、秋に定植できるまで大きくなりにくいです。

苗が手に入れば、秋又は春先に植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

20p程度の株間とします。

植え場所・置き場所

乾いた草原に自生するものが多く、花壇に植える場合は、日当たりと排水のよい場所に植えます。

鉢やプランターで育てる場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

花後に切り戻しをしておきます。

夏の暑さに弱いので、風通しのよいところで管理します。ただし、関東以西の暖地では夏越しは厳しいと言えます。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら暖かい日の午前中に水やりをします。

肥料

秋と春先に緩効性の化成肥料を与えますが、量は少な目でかまいません。

病気・害虫

アブラムシがつくことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。