エノテラ・バーシカラー Oenothra versicolor

エノテラ・バーシカラーの花
写真 エノテラ・バーシカラー
撮影時期 2009.5.16
栽培状況 秋播き後、庭植え
科名・属名

アカバナ科
マツヨイグサ属

園芸分類

宿根草

別名

メキシカン イブニング プリムローズ

原産地

北アメリカ

用途

鉢植え、庭植え

花期

5〜6月

【エノテラ・バーシカラーについて】

エノテラ・バーシカラーは、エノテラの多くが黄花の中にあって、濃いオレンジの花が特徴です。花は昼咲きです。

マツヨイグサ属ですが、マツヨイグサあるいはツキミソウの仲間として扱われることはほとんどなく、あまり流通はしてないようです、

栽培したところでは、国華園からタネが販売されていたので、秋播きにしてみましたが、よく育って期待どおりの花が咲きました。

【花の特徴と性質】

草丈

草丈を計ってないですが、記憶では60cmほどでした。

一般には黄花ですが、オレンジ色の花が特徴です。

耐寒性・耐暑性

耐暑性がありますが、耐寒性は弱く、霜に当たると傷みます。

学名の説明

Oenothera・・・・・ギリシャ語の oinos(酒)+ ether(野獣)が語源です。
※ 根にブドウ酒のような香気があり、野獣が好むことに由来します。

versicolor・・・・・「様々な色のある」、「色が変化する」

【主な種類と品種】

‘Sunset Boulevard’という品種があります。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

宿根草ですが、タネから育てることもがきます。発芽適温が20度前後ですので、3月下旬〜4月に播きます。秋播きは10月に播きます。

箱播きにし、覆土はタネが隠れる程度にします。よく発芽し、後の育苗も容易です。

エノテラ・バーシカラーの花

植え付け

本葉が5〜6枚になったら定植しますが、霜に当たると傷むので、秋播きの場合は遅霜の心配がなくなってから定植します。

私は、秋に定植して、農ポリでトンネルをして育てましたが、これでも大丈夫でした。

植え替え

一般的に春に植え替えます。その際、株分けして増やすことができます。

株間

25〜30pほどとします。

植え場所

日当たりのよいところで栽培します。

日常の管理

植えつけ後は、特に手間がかかりませんが、花が終わったら花茎を早めに切り取っておきます。

肥料

庭植えの場合は、特に必要ありません。

病気・害虫

ハムシが発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。