エレモフィラ・ニベア Eremophila nivea

エレモフィラの花
写真 エレモフィラ・ニベア
撮影時期 2017.3.7
栽培状況 開花株購入
科名・属名

ハマジンチョウ科
エレモフィラ属

園芸分類

半耐寒性常緑低木

別名

エミーブッシュ

原産地

オーストラリア

用途

鉢植え

花期

3〜5月

【エレモフィラ・ニベアについて】

エレモフィラ・ニベアは、銀白色の枝と葉が何とも魅力的な美しいオーストラリア原産花木です。九州などの海岸地に生えているハマジンチョウがこの仲間です。

原産地では野生のものは少なくなっているそうですが、オーストラリア原産の花木としては比較的丈夫です。

栽培したところでは、過湿にして枯らしてしまったことがあります。エレモフィラというのは「砂漠を好む」という意味ですが、水はけのよい用土で、やや乾燥気味に育てる必要があります。

【花の特徴と性質】

樹高

高さ 1m程度の低木です。葉と枝の表面に短い白い毛がありますので、銀白色のとても美しい色合いをしています。

花は薄紫のやさしい色をしています。比較的多花性ですので、枝数が多くなると見栄えがします。

耐寒性・耐暑性

耐寒温度は5度程度ですので、霜の降りる前に室内に取り入れます。

学名の説明

Eremophila・・・・・ギリシャ語の eremo(砂漠)+ philus(・・・を好む)が語源です。

nivea・・・・・「雪白の」

【主な種類と品種】

エレモフィラ属の中で出回っているのは、エレモフィラ・ニベアがほとんどです。その他、エレモフィラ・マクラータという種類がありますが、まだ、育てたことはありません。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

耐寒性がないので、通常は、鉢植えで育てます。園芸店などでは、春先に花の咲いた株が売られていますので、これを買って育てます。

鉢が小さく、根詰まり気味の株は、根鉢を崩さないようにして一回り大きい鉢に植え替えます。

エレモフィラの花

鉢植えの用土

水はけのよい用土に植えつけます。市販の草花用培養土にパーライトを2割ほど加えた用土などを使います。

置き場所

春〜秋は、夏場を除き、戸外のよく日の当たるところで管理します。ただし、過湿に弱いので梅雨時や長雨になりそうなときは雨のかからないところに置きます。

植え替え

2年に1回程度の頻度で植え替えをします。

4月又は10月ごろに、根鉢をあまり崩さないようにして一回り大きい鉢に植え替えます。

日常の管理

乾燥を好みますので、過湿にならないよう鉢土が乾いてから水やりをします。過湿にすると、枯れてしまうことが多いので注意します。

剪定

剪定をするときは、花後に行いますが、強剪定は避け、全体を軽く切り戻しをしておきます。

夏の管理

夏の強光を嫌いますので、半日陰もしくは明るい日陰に移します。

冬の管理

耐寒性がないので、冬は、室内の日の当たる場所に置きます。水やりは控えめにして、肥料も与えません。

ふやし方

挿し木で増やすことができます。

肥料

生育期に緩効性の化成肥料を与える程度にしています。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。