エリカ Erica spp.

エリカの花
写真 エリカ・オアテシー ' ウインターファイア '
撮影時期 2008.12.29
撮影場所 開花株購入
科名・属名

ツツジ科
エリカ属

園芸分類

常緑低木

別名

ヒース

原産地

南アフリカ、ヨーロッパ

用途

庭植え、鉢植え

花期

11〜4月

【エリカについて】

エリカにはヨッロッパ原産種と南アフリカ原産種に大別されますが、流通している多くは南アフリカ原産の種類です。

エリカの中ではジャノメエリカを除くと、他の多くのエリカは高温多湿に弱いので暖地ではやや育てにくい植物です。しかし、冬場に出回ることもあって、園芸店などで見かけると1鉢欲しくなります。

栽培したところでは、残念ながら、ジャノメエリカを除いては、買った時と同じように翌年も花を咲かせるのは難しいですが、花もきれいなので一年物と思って花を楽しめればいいと思っています。

【花の特徴と性質】

エリカの花

樹高

通常は鉢植えで20〜30p前後のものが販売されています。

小さな花を枝にこぼれそうなくらい一杯につける花木で、人気があります。

耐寒性・耐暑性

ジャノメエリカ以外は夏の高温多湿を嫌います。

耐寒性・耐暑性

Erica・・・・・ギリシャ語の erion(軟毛)が語源です。

canaliculata・・・・・「小管の」、「細管の」

formosa・・・・・「美しい」、「きれいな」

blandfordia・・・・・ブランドフォード侯爵の George Spencer-Churchill に因みます。

cerinthoides・・・・・「セリンセ属のような」

oatsii・・・・・(※ 未詳)

melanthera・・・・・「黒い葯のある」

【主な種類と品種】

ジャノメエリカ
E. canaliculata

耐暑性が強く、また、比較的耐寒性のある種類で、関東以西の暖地では庭植えができます。

スズランエリカ
E. formosa

南アフリカ原産で、スズランのような形をしたエリカで、園芸店などで最もよく見かける種類のひとつです。

カナリーヒース
E. blandfordia

南アフリカ原産の黄色の花が咲くエリカで、園芸店でよく見かける種類です。(写真中)

ケリントイデス
E. cerinthoides

南アフリカ原産のファイアヒースとも呼ばれる種類で、オレンジ色の花が目立つ種類です。

オアテシー
E. oatsii

南アフリカ原産の冬咲きで、朱鮭色の花が咲きます。‘ウインターファイア’はオーストラリアで育成された園芸種です。

メランセラ
E. melanthera

南アフリカ原産の小さな花がびっしりと付く小型のエリカです。(写真:下)

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

一般には、12月になって園芸店に開花株が出てきますので、通常はこれを買って育てます。流通している多くが寒い時期に花を楽しむ種類ですので、鉢での栽培になります。開花株は、春まで待って植え替えます。

鉢植えの用土

ツツジ科ということがあるかもしれませんが、やや酸性の土を好むので、鹿沼土とピートモスを7対3程度に混ぜ合わせた用土、あるいは、赤玉土、鹿沼土、ピートモスを2:2:1程度に混ぜ合わせた用土などを使います。

エリカの花

置き場所

日当たりと風通しのよいところに置いて育てます。ただし、暖地の場合は、夏は半日陰〜明るい日陰に移します。

また、過湿を嫌うので、長雨が続きそうなときは、雨の当たらないところに移します。

植え替え

植え替えは、毎年、若しくは2年に1回、4〜5月頃行います。開花株は、総じて鉢が小さく、根詰まりしている場合が多いので、根鉢を少し崩して、一回り大きい鉢に植え替えます。

剪定

植え替えに併せて、花の終わった枝を三分の一から半分くらい切り戻して、全体の樹形を整えます。また、混み合った枝やを切り取っておきます。

日常の管理

用土が乾き始めたら、水やりをします。エリカは、過湿に弱いですが、水切れにも弱いので注意します。

夏の管理

エリカは夏の暑さに弱いことから、鉢植えは半日陰に移し、水やりは控えめにします。

エリカの花

冬の管理

南アフリカ原産種は、寒さに弱いので冬の間は室内で育てます。

ふやし方

繁殖は、5〜6月に挿し木ができます。花芽のついてない枝を5〜6cmほど切って、バーミキュライトなどに挿します。

肥料

春と秋に液肥を月2回ほど与えます。多肥になると花付きが悪くなります。

病気・害虫

アブラムシやカイガラムシがつくことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。