ヒメエニシダ Cytisus racemosus

ヒメエニシダの花
写真 ヒメエニシダ
撮影時期 2005.4.16
栽培状況 開花株購入
科名・属名

マメ科
エニシダ属

園芸分類

落葉低木

別名

矮性黄花エニシダ

原産地

地中海沿岸地方

用途

鉢植え、庭植え

花期

4〜5月

【ヒメエニシダについて】

ヒメエニシダは、春先に園芸店で鉢植えのものを見かけますが、あざやかな黄色の花が印象的です。通常よく見かけるエニシダと比較すると、少々育てにくいと言えます。

ヒメエニシダに限らず、エニシダは、元気に育っていても突然枯れてしまうことがあります。地中海沿岸の原産で、元々日本の気候にはあまり適していないので、生理的なものではないかと思われます。

栽培したところでは、ヒメエニシダはエニシダよりは高温多湿に弱いようで、早めに庭に降ろそうと思っているうちに時機を失して夏に枯れてしまいました。

【花の特徴と性質】

樹高

一般には30〜40pの樹高のものが売られていますが、1m近くにはなるようです。

あざやかな黄色の花が穂状に咲きます。

耐寒性・耐暑性

無霜地域では庭植えできますが、エニシダと比較すると耐寒性が弱く、霜が当たると傷んでしまいます。

耐寒性・耐暑性

Cytisus・・・・・ウマゴヤシ(地中海地方原産のマメ科の一・二年草)のギリシャ名を転用したものです。

racemosus・・・・・「総状花序の」

【主な種類と品種】

よく見かける鮮黄色の品種の他、花色の淡い‘レモン'という品種があります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

通常、春に開花株が出回っていますので、これを買って育てます。木が大きくならないことと耐寒性がやや弱いので、鉢植えで育てるのが一般的です。

開花株を買った場合、鉢が小さい場合がほとんどですので、大きめの鉢に植え替えます。その際、根鉢を崩さないようにします。

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

ヒメエニシダの花

置き場所

秋から春は日当たりのよいところに置いて育てます。

植え替え

毎年、3〜4月ごろに行いますが、根鉢はあまり崩さないようにして新しい用土に植え替えます。

日常の管理

高温多湿を嫌いますので、鉢植えの場合、梅雨時は、雨のかからないところで管理します。

剪定

花が終わったら切り戻しておきます。

夏の管理

高温多湿に弱いので、風通しのよい半日陰に置きます。

冬の管理

鉢やプランターに植えている場合は、霜の当たらない軒下などに移し、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら水やりをします。

肥料

春先に置肥をします。

病気・害虫

夏に突然枯れてしまうことがありますが、生理的なものではないかと思われます。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。