エキザカム Exacum affine

エキザカムの花
写真 エキザカム
撮影時期 2002.6.8
栽培状況 開花株購入
科名・属名

リンドウ科
エキザカム属

園芸分類

春まき一年草

別名

ベニヒメリンドウ

原産地

アラビア海ソマリア沖のソコトラ島

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜10月

【エキザカムについて】

エキザカムは、園芸店では矮性種を一般によく見かけます。香りがよく、花の少ない夏場の花として人気があります。

耐寒性がなく軒下でも冬越しが難しいので、一年草と割り切って育てた方が賢明です。

なお、よく似た名前でブルー系の花を咲かせるエボルブルスは、夏の直射日光にも十分耐えますが、エキザカムは、夏は半日陰で管理する必要があります。

栽培したところでは、ずいぶん前に、暑さに強いと勘違いして、夏の直射日光がよく当たるところに置いてあったため、枯れてしまったことがあります。

【花の特徴と性質】

エキザカムの花

草丈

15〜20p程度ですので。鉢やプランターにも適しています。

花径2p程度の小さな花をたくさんさかせます。色は、紫の花がよく出回っていますが、ピンク系や白花もあります。

耐寒性・耐暑性

寒さに弱く戸外では越冬できません。また、夏の直射日光も嫌います。

耐寒性・耐暑性

Exacum・・・・・ギリシア語の ex(外へ)+ ago(出す)が語源です。
※ これは、エキザカムに解毒作用があるとされていたことによるものと言われています。

affine・・・・・「−に近い」

【主な種類と品種】

‘ドワーフミゼット'

花径2センチくらいの小花を、球状の株一面に咲かせます。

‘ベルガンブルー'

草丈20〜30pで大輪の品種です。

‘エルフィン'

ドワーフミゼットより大きく、摘心を繰り返すと整った株になります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

耐寒性が弱いので、通常は鉢植えで育てます。タネから育てることもできますが、微細種子で育苗が難しいので、通常は、春に園芸店で苗が売られますので、これを買って育てます。

植えられている鉢が小さいときは、根鉢を崩さないようにして一回り大きい鉢に植え替えて育てます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

置き場所

夏場を除き、日当たりのよいところに置きます。日当たりが悪いと、徒長して花付きが悪くなります。

エキザカムの花

植え替え

株が大きくなって、根詰まりをして来たら一回り大きい鉢に植え替えます。

日常の管理

丸い形にするためには、摘芯をしてやります。また、花がらをこまめに取り除いて株に負担をかけないようにしてやります。

多湿を嫌いますので、鉢の表面が乾いてから灌水するようにします。

夏の管理

夏の直射日光に当てると葉や花が傷みますので、夏は半日陰もしくは明るい日陰に置きます。肥料も必要ありません。

冬の管理

耐寒性がないので、室内に取り込みます。

ふやし方

挿し芽で増やすことができます。芽先を5〜6cmほど切って、バーミキュライトなどに挿します。

肥料

成育期間中、夏場を除き、液肥を月に2回ほど与えます。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。