イトシャジン Campanula rotundifolia

イトシャジンの花
写真 イトシャジン
撮影時期 2016.5.24
栽培状況 鉢植え
科名・属名

キキョウ科
ホタルブクロ属

園芸分類

宿根草

別名

カンパニュラ・ロツンディフォリア

原産地

北半球

用途

庭植え、鉢植え

花期

5月〜6月

【イトシャジンについて】

シャジンというのはツリガネニンジン属の宿根草を指すことが多く、イワシャジンがこの仲間です。

イワシャジンがそうであるようにツリガネニンジンゾク属の宿根草は、耐暑性が弱く暖地では夏越しが難しいですが、イトシャジンはホタルブクロ属(カンパニュラ属)ですので、置き場所を工夫すれば夏越しができます。

ホタルブクロ属に特有の釣鐘の形をした花が咲きますが、糸のように細い茎が繊細な印象を与えるところから山野草としても親しまれています。

栽培したところでは、花はよく咲きましたが、2015年は猛暑だったことと鉢の置き場所が少し悪かったのか、夏に枯れてしまいました。今年(2016年)もう一度、前年よりも水はけのよい用土に植えて栽培しています。

【花の特徴と性質】

草丈

20〜40cmほどです。

釣鐘型の形をした小さい青紫の花が咲きます。花付きもまずまずで、長い間咲いてくれます。

耐寒性・耐暑性

ホタルブクロ属に共通しますが、耐寒性は強いですが耐暑性はそれほど強くありません。

学名の説明

Campanula・・・・・campana(鐘)が語源です。

rotundifolia・・・・・「円形葉の」

【主な種類と品種】

白花もあります。なお、ホタルブクロ属(カンパニュラ属)の仲間は、こちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

庭植もできますが、イトシャジンの茎は糸のように細いこともあって、他の草花に負けてしまうことがあります。このため、鉢やプランターで育てるのに向いています。植え付けの適期は10〜11月又は3〜4月ごろが適期です。

イトシャジンの花

鉢植えの用土

水はけのよい用土を使うことが大切で、鹿沼土を主体にした用土などが適しています。

植え場所・置き場所

鉢やプランターは、秋から春は日当たりのよいところで、また、初夏から秋になるまでは、明るい日陰や半日陰の風通しのよいところで育てます。

庭植えの場合も、落葉樹の下など、そうした環境に近いところに植えつけます。

植え替え

鉢やプランターに植えた場合は、2年に1回は、新しい用土に植え替えます。

日常の管理

花後に切り戻しをします。鉢植えは、夏場乾燥させすぎないように注意します。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。

肥料

緩効性肥料を春と秋に与えます。多肥にする必要はありませんので、量は少な目にします。

病気・害虫

大きな被害を与えるものは特にありませんが、暖地では、やはり、夏の高温多湿が難敵です。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。