イペー Tabebuia chrysotricha

イペーの花
写真 イペー
撮影時期 2012.5.3
撮影場所 南国市にて
科名・属名

ノウゼンカズラ科
タベブイア属

園芸分類

落葉高木

別名

コガネノウゼン

原産地

パラグアイ、アルゼンチン

用途

庭植え

花期

4〜5月

【花の印象など】

イペーについては、元々は桃色の花が咲くTabebuia avellanedae をそう呼んでいたようです。黄色のものは「コガネノウゼン」と呼ばれていましたが、現在では、黄花の花の咲く方をイペーと呼ぶ場合が多くなっています。黄花イペーとも呼ばれます。

美しい花を咲かせる落葉高木ですが、高知でもそれほど見かける機会はありません。南米原産で、ブラジルの国花に指定されています。また、沖縄本島の那覇にはイッペー通りと呼ばれる通りがあるようですが、残念ながら見たことはありません。

相当大きくなる木ですし、耐寒性も弱いので、誰でも育てるというわけにはいきませんが、美しい花木です。

国華園のカタログに載っていましたので、植える場所も考えずに、今年(2016年)の秋に早速購入してみましたが、なんとか枯らさずにと思い、とりあえず鉢植えにして、春に植え付けようと思っているところです。

【花の特徴と性質】

樹高

3〜5mほどになります。

鮮やかな黄色の花が特徴です。近くでこの花を見ると、ノウゼンカズラの仲間だということがわかります。

耐寒性・耐暑性

 

耐暑性は強いですが、残念ながら耐寒性はそれほどありません。ただし、南国市で見かけた写真の木は庭に植えられていましたので、関東以西の太平洋岸の地域では植栽可能かと思われます。

学名の説明

Tabebuia・・・・・アマゾンの先住民がこの木を呼んでいた現地語に由来します。

chrysotricha・・・・・ギリシャ語の chrysos(黄金色の)+trichos(毛)が語源です。

【主な種類と品種】

タベブイア属では、他にモモイロノウゼン(T. rosea)やギンヨウノウゼン(T. aurea)などが知られています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

耐寒性が弱いので、春が植え付けの適期です。秋に苗木を手に入れた場合は、とりあえず鉢植えにして、暖かいところで冬を越し春になってから植え付けた方が無難です。

木が大きくなりますので、鉢植えでは厳しいと思われますが、10号以上の大きい鉢を使えばある程度までは可能かと思われます。

イペーの花

植え場所

庭植えは、暖かい南側など日当たりのよいところに植え付け、冬の寒風が当たるところは避けるようにします。

剪定

大きくなりますので、樹形を抑えようとするなら落葉時に剪定をする必要があります。

ただし、木が大きくなってきたら剪定は困難になりそうです。

肥料

鉢植えの場合は、春と秋に置き肥を与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。