ウインターグラジオラス Schizostylis coccinea

ウインターグラジオラスの花
写真 ウインターグラジオラス
撮影日 2009.10.31
栽培状況 プランターで栽培
科名・属名

アヤメ科
スキゾスティリス属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

ストリームアイリス
スキゾスティリス

原産地

南アフリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

10〜11月

【ウインターグラジオラスについて】

ウインターグラジオラスは、グラジオラスを小さくしたような葉を持ち、晩秋に咲くことからこの名前が付いていますが、グラジオラスとは別属です。

アヤメ科の植物には珍しく、晩秋に咲くのでおもしろいと思いますが、あまり流通していません。

栽培したところでは、高温を嫌うとされていますが、そこそこ耐暑性があり栽培はそれほど難しくはありません。

【花の特徴と性質】

草丈

50〜60pほどです。

グラジオラスを上品にしたような花で、一般に流通しているコクシネアは赤色です。ピンクや白花もあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありますが、耐暑性がやや弱いです。

学名の説明

Schizostylis・・・・・ギリシャ語の schizo(分離)+stylis(花柱)が語源です。

coccinea・・・・・「深紅色の」

【主な種類と品種】

赤花のコクシネアや白花のアルバが販売されていることがあります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

3〜4月に深さ5〜8pに植え付けます。植え付け後は、十分に水を与えます。

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

20pほどとします。

植え場所・置き場所

耐暑性があまり強くありませんので、午後、日陰になるような場所を選んで植え付けます。鉢植えの場合も、夏場は明るい日陰で栽培します。

日常の管理

乾燥を嫌いますので、あまり乾燥しないように管理します。特に、鉢植えの場合は、夏場は十分に水を与えるようにします。

冬の管理

葉が枯れたら地際で切り取ります。鉢植えの株は堀り上げずに、そのまま春まで管理し、春に植え替えします。この間、凍らないところに置き、土が乾いたら水を与えます。

ふやし方

株分けで増やすことができます。また、手間はかかりますがタネを播いて増やすこともできます。

肥料

植え付け時に、緩効性肥料を与えます。また、生育期間中は、2週間に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。