イワシャジン(岩沙参) Adenophora takedae

イワシャジンの花
写真 イワシャジン
撮影時期 2008.10.11
栽培状況 開花株購入
科名・属名

キキョウ科
ツリガネニンジン属

園芸分類

宿根草

別名

(特にありません)

原産地

関東〜中部地方

用途

鉢植え

花期

9〜10月

【イワシャジンについて】

イワシャジンの「シャジン」とはツリガネニンジンの漢名「沙参」からきています。また、「岩」は、関東〜中部地方の山地の渓谷など湿った岩場に生息することによるものです。

秋に美しい青紫の花が咲くので愛好家の多い山野草です。ただし、暑さを嫌うので夏越しに注意が必要です。

栽培したところでは、管理が十分でなかったせいもありますが、高知の夏は暑すぎるのか夏を越すことはできませんでした。

【花の特徴と性質】

草丈

30〜40pほどです。

釣り鐘状の青紫の花がたくさん咲きます。

耐寒性・耐暑性

寒さには強いですか、耐暑性がありません。

学名の説明

Adenophora・・・・・ギリシャ語の adenos(腺)+ phoreo(所有する)が語源で、乳液を出す腺細胞を持っていることから。

takedae・・・・・登山家であり高山植物の研究者である武田久吉への献名

【主な種類と品種】

青紫の花のほか白花もあります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

通常は、秋に開花株が出回ることが多いので、これを買って育てます。庭植えでは、年間を通じてイワシャジンに適した環境が確保しにくいので、鉢植えで育てた方が無難です。

開花株を購入した場合は、花が終わり、地上部が枯れてから植え替えをします。

鉢植えの用土

水はけの良い用土に植え付けます。市販の山野草の専用土、若しくは桐生砂と軽石砂を等量に混ぜたものなどを使います。

イワシャジンの花

置き場所

風通しのよいところで管理します。芽が出てから梅雨入りするころまでは日当たりのよいところで管理し、その後は半日陰の涼しいところで管理します。

植え替え

2年に1回を目安に、地上部が枯れる10月中旬〜下旬ごろ、若しくは芽が出る前の3月ごろに行います。

日常の管理

乾燥を嫌いますので、水切れに注意します。ただし、過湿は蒸れの原因となりますので注意します。

夏の管理

梅雨に入るころから夏場にかけては、風通しのよい涼しい半日陰に置いて育てますが、真夏は明るい日陰に置いて直射日光を避けます。

夏場は、乾燥が早いので水切れに注意します。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越します。鉢植えの場合は、水やりは少なくしますが、乾燥させすぎないように鉢土が乾いたら軽く水やりをします。

肥料

春から秋にかけて、夏場を除き月に2〜3回程度、2000倍程度の薄めの液肥を与えます。

病気・害虫

特にはないようですが、夏場の蒸れに注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。