ウツボグサ(靭草) Prunella vulgaris subsp. asiatica

ウツボグサの花
写真 ウツボグサ
撮影時期 2015.5.25
栽培状況 鉢植え
科名・属名

シソ科
ウツボグサ属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

カコンソウ

原産地

日本

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜6月

【ウツボグサについて】

ウツボグサは、日本の山野に自生している宿根草ですが、名前の由来は、花穂が矢を入れるウツボに似ているところから来ています。花がユニークですので花壇や鉢で栽培してもなかなかきれいなものです。

栽培したところでは、庭植えでは夏に枯れてしまったことがありましたが、管理がよくなかったのかもしれません。鉢植えの株は、午後、日陰になるところに置いてあったところ、よく咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

草丈

草丈は20〜30pほどの小ぶりな宿根草です。

花茎の先端に写真のようにおもしろい形の小さな花を密に咲かせます。花色は青紫です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありますが、耐暑性はそれほど強くはないと思います。

学名の説明

Prunella・・・・・ Brunell とも綴り、ドイツ語に由来するとされています。

vulgaris・・・・・「普通の」、「通常の」

asiatica・・・・・「アジアの」

【主な種類と品種】

ウツボグサの仲間にセイヨウウツボグサがあります。こちらは、プルネラとして取り上げています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

一般には、春が植えつけの適期です。暖地では秋でも差し支えありません。庭植えのほか、草丈があまり伸びませんので鉢やプランターで育てるのにも向いています。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の三分の一程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えの用土

鉢植えの用土は、水はけのよいものを使います。赤玉土、鹿沼土、腐葉土(バーク堆肥)を4:3:3程度に混ぜた用土などが一例です。

株間

花壇に植えるときは、20〜30pほどにします。詰めて植えると、植え替えの時期が早くなります。

60pの標準のプランターの場合は、3〜4株植え付けます。

ウツボグサの花

植え替え

庭植えは3年に1回程度、鉢植えは毎年、もしくは2年に1回を目安に植え替えをします。

植え場所・置き場所

鉢やプランターに植えている場合は、秋から春は日当たりのよいところに置きます。

庭植えの場合も、夏は半日陰になるところが適してます。

夏の管理

耐暑性がそれほど強くないようなので、鉢やプランターに植えた場合は、半日陰の風通しのよいところで管理します。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

ふやし方

植え替えのときに、株分けをして増やすことができます。

肥料

庭植えの場合は、それほど肥料を与えなくてもよく育ちます。鉢植えの場合は、元肥として緩効性の化成肥料を与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。