イエローサルタン Amberboa suaveolens

イエローサルタンの花
写真 イエローサルタン
撮影時期 2006.5.6
栽培状況 秋播き後、庭植え(冬はポリシートで保護)
科名・属名

キク科
ニオイヤグルマ属

園芸分類

秋播き一年草

別名

キバナニオイヤグルマ

原産地

カスピ海沿岸

用途

庭植え

花期

4〜5月

【イエローサルタンについて】

イエローサルタンは、カスピ海沿岸地方原産の秋播き一年草で、以前はヤグルマギク属(セントーレア属)に分類されていましたが、現在は、ニオイヤグルマ属に入れられています。

スイートサルタンの仲間の秋播き一年草で、あざやかな黄色の花が特徴です。花持ちがよく切り花としてよく利用されます。なお、スイートサルタンの黄花をイエローサルタンとしている例がありますが、それぞれに種小名が付いていますので、別種とすべきかと思われます。

栽培したところでは、土壌の病原菌に弱く、かなり枯れてしまいました。夏の天地返しなどをしておけばよかったと思ったことでした。残った株は、よく咲きましたが、下の写真は切り花状にしたもので、これほど密には咲きません。

【花の特徴と性質】

草丈

60〜80p程度になります。

鮮やかな黄色で、芳香があります。花径は5〜6pです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はあまり強くありません。

学名の説明

Amberboa・・・・・(※ 不詳)

suaveolens・・・・・「芳香のある」

【主な種類と品種】

同じ仲間にスイートサルタンがあります。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

9月下旬〜10月上旬頃が適期です。立枯病に弱いので、消毒済みの清潔な用土を使います。育苗箱に点まきするか、ポットに播いて、覆土は2mmほどにします。

箱播きにしたときは、発芽後、本葉が2〜3枚になったら、ポットや小鉢に植え替えて、薄めの液肥を与えながら苗を育てます。

植え付け

本葉が6〜7枚になったら根鉢を崩さないようにして、花壇やプランターなどに定植します。寒さに弱いのでポットや小鉢に植えたままフレームなどで冬を越し、春に定植してもかまいません。

酸性の土壌を嫌いますので、花壇に植え付けるときは、定植する前に苦土石灰を1u当たり100gほど播いて耕しておきます。1週間ほどしたら、バーク堆肥を1u当たり10Lほど入れ、化成肥料も入れてから庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

また、立枯病や菌核病に弱いので、夏に天地返しをしておくか、土壌消毒をして植え付けるようにします。あまり広い面積に植えるのでなければ客土するのも一つの方法ではないかと思われます。

なお、過湿を嫌いますので、植え付けの際、高うねにして植えつけるようにします。

株間

株が大きくなりますので30p程度にします。

イエローサルタンの花

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

日常の管理

乾燥を好みますので、過湿にならないよう注意します。

冬の管理

寒さにはあまり強くないので、秋に花壇に定植した場合は、霜除けをした方が安全です。

肥料

本葉2〜3枚になったら1週間に1回程度薄めの液肥を与えます。定植の際、化成肥料を1u当たり30〜40gほど土に混ぜて定植しますが、有機質肥料は避けるようにします。後は、肥料は控えめにします。

病気・害虫

立枯病や菌核病に弱く、開花までに株が枯れることがあります。また、アブラムシがつきやすいので、早めに駆除します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。