イチゴノキ Arbutus unedo

ヒメイチゴノキの花
写真 ヒメイチゴノキ
撮影時期 2006.1.29
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ツツジ科
アルブツス属

園芸分類

常緑低木

別名

ストロベリーツリー

原産地

南ヨーロッパ〜シバノン

用途

庭植え、鉢植え

花期

10〜12月

【イチゴノキについて】

イチゴノキは、秋も深まってきた頃に花が咲き、同時に、前年に咲いた花の果実が赤く色づいてくることから人気のある樹木です。イチゴノキというのは、果実がイチゴに似ているからと言われています。

園芸店やホームセンターなどには鉢植えでも育てやすい ヒメイチゴノキ (Arbutus uned 'compact)と呼ばれる矮性品種がよく出回っています。

白い花と赤い実が同時に楽しめるので人気があります。実は生食の他ジャムにもできると言われています。

【花の特徴と性質】

草丈

基本種は、樹高が3m近くになりますが、ヒメイチゴノキは、1.5mほどです。

秋にアセビのような小さな白し花が咲き、長期間咲き続けます。秋になって実が大きくなり、赤く熟したら収穫できます。

白花のほか、赤花もあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があります。ただし、寒地は庭植えは困難のようです。

学名の説明

Arbutus・・・・・この植物のラテン語の名前に由来します。

unedo・・・・・(※ 不詳)

【主な種類と品種】

イチゴノキには、白花のほかにベニバナイチゴノキと呼ばれる紅花の品種があります。また、ヒメイチゴノキにも赤花の品種があります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

常緑樹ですので4月頃が植えつけの適期です。もっとも、ほとんどの場合、鉢植えもしくはポット植えの苗木が販売されていますので、この場合は、9月頃に植え付けても問題はありません。

庭植えもできますし、ヒメイチゴノキであれば、鉢植えでも育てられます。

庭に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に三分の一程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。移植を嫌いますので、庭植えの場合は、植え場所を吟味してから植え付けます。

ヒメイチゴノキの花

鉢植えの用土

赤玉土、鹿沼土、腐葉土(バーク堆肥)を4:3:3程度に混ぜた用土などを使います。

植え場所・置き場所

日当たりのよいところを好みますが、半日陰のところでも問題ありません。

鉢に植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

植え替え

鉢植えの場合は、2年に1回を目安に植え替えをします。

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、株分けをするか、もう少し古い土を落として植え替えます。

日常の管理

夏の高温乾燥を嫌いますので、鉢植えの場合は乾きすぎないように注意します。

剪定

剪定の適期は、果実が落ちたあとの3月頃ですが、自然に樹形が整っていきますので剪定はあまり必要ありません。

肥料

庭植えは、2月頃に寒肥を与えます。鉢植えは、それ以外に6月頃に固形肥料を置き肥します。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。