トップページに戻るトップページに戻る 「あ」の一覧に戻る「あ」の一覧に戻る 「い〜う」の一覧に戻る「い〜う」の一覧に戻る 「え」の一覧に戻る「え」の一覧に戻る 「お」の一覧に戻る「お」の一覧に戻る 「か」の一覧に戻る「か」の一覧に戻る 「き」の一覧に戻る「き」の一覧に戻る 「く」の一覧に戻る「く」の一覧に戻る 「け〜こ」の一覧に戻る「け〜こ」の一覧に戻る 「さ」の一覧に戻る「さ」の一覧に戻る
「し」の一覧に戻る「し」の一覧に戻る 「す」の一覧に戻る「す」の一覧に戻る 「せ〜そ」の一覧に戻る「せ〜そ」の一覧に戻る 「た」の一覧に戻る「た」の一覧に戻る 「ち〜つ」の一覧に戻る「ち〜つ」の一覧に戻る 「て〜と」の一覧に戻る「て〜と」の一覧に戻る 「な〜の」の一覧に戻る「な〜の」の一覧に戻る 「は」の一覧に戻る「は」の一覧に戻る 「ひ」の一覧に戻る「ひ」の一覧に戻る 「ふ」の一覧に戻る「ふ」の一覧に戻る
「へ」の一覧に戻る「へ」の一覧に戻る 「ほ」の一覧に戻る「ほ」の一覧に戻る 「ま〜み」の一覧に戻る「ま〜み」の一覧に戻る 「む〜も」の一覧に戻る「む〜も」の一覧に戻る 「や〜よ」の一覧に戻る「や〜よ」の一覧に戻る 「ら〜り」の一覧に戻る「ら〜り」の一覧に戻る 「る〜わ」の一覧に戻る「る〜わ」の一覧に戻る メモメモ

イースターカクタス Rhipsalidopsis gaertneri

イースターカクタスの花
写真 イースターカクタス
撮影時期 2005.4.9
栽培状況 鉢植え
科名・属名

サボテン科
イースターカクタス属

園芸分類

多肉植物

別名

ホシクジャク

原産地

ブラジル

用途

鉢植え

花期

3〜4月

【イースターカクタスについて】

イースターカクタスは、シャコバサボテンによく似ていますが、イースター(復活祭)のころに咲くのでこの名がつけられています。よく見ると花の形がシャコバサボテンと少し違いますが、花がにぎやかに咲きとても美しいところは同様です。

ただし、シャコバサボテンより遅れて咲くので、その点、少し損をしているように思います。

栽培したところでは、それほど栽培が難しいということはなく、シャコバサボテンと同じように育てていますが、特に問題はありません。

【花の特徴と性質】

草丈

20pほどになります。

赤、桃の花色を見かけます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は弱いので、冬場は最低5度程度は確保します。

学名の説明

Rhipsalidopsis・・・・・「リプサリス(Rhipsalis)属に似た」

gaertneri・・・・・18世紀のドイツの植物学者 Joseph Gaertner に因みます。

【主な種類と品種】

たくさんの品種がありますので、気に入った色合いの品種を選べます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

3〜4月ごろにつぼみの付いた株が園芸店やホームセンターなどに出てきますので、これを買って育てます。過湿に弱いので、鉢植えでの栽培になります。

購入した開花株の植え替えは、花が終わった後の5月が適期です。

鉢植えの用土

シャコバサボテン用のものが売られていますので、これに植え付けるのが無難です。

イースターカクタスの花

置き場所

開花時期は、室内のレースのカーテン越しの光が当たるところにおきます。

花後は、雨がかからず、午前中日が当たるところに出します。

植え替え

2年に1回を目安に植え替えます。鉢から抜いて、表土と根鉢の古い土を軽く落として、一回り大きい鉢に植え替えます。

同じ大きさの鉢を使うときは、もう少し古い土を落として植え替えます。

日常の管理

5月の植え替えの時に茎節を2段摘み取り、形を整えるとともに、株の生育を促します。

夏の管理

夏には葉焼けを起こさないよう半日陰のところに移します。

夏は、暑さで成育が衰えますので、過湿にならないよう乾燥気味に管理します。

冬の管理

耐寒性がありませんので、冬は室内に取り込みます。乾燥気味にして水やりは少なくします。

ふやし方

植え替えの時につみ取った茎節を挿し芽で増やすことができます。

肥料

4〜8月に、緩効性の化成肥料を少量置肥するか、月に2回程度液肥を与えます。

病気・害虫

カイガラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。