ウンナンオウバイ(雲南黄梅) Jasminum mesnyi

ウンナンオウバイの花
写真 ウンナンオウオバイ
撮影時期 2008.3.18
撮影場所 高知市の城西公園にて
科名・属名

モクセイ科
ソケイ属

園芸分類

常緑低木

別名

オウバイモドキ

原産地

中国西南部

用途

庭植え

花期

3〜4月

【ウンナンオウバイについて】

ウンナンオウバイは、中国西南部の原産で、オウバイと違って常緑です。12月頃から花をつけていますが、満開になるのは高知では3月頃です。

常緑でオウバイよりも花が大きく、開花すると株を覆うように咲いてとてもきれいですので、オウバイよりもよく植栽されてます。写真は、城西公園で写したもので、川面に向かって垂れた枝にいっぱい花が咲きとてもきれいでした。

【花の特徴と性質】

樹高

オウバイよりも大きくなり樹高は2mほどになります。半つる性で枝がしだれます。

花径3pほどの黄花を咲かせます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり、東北南部以南で栽培可能です。

学名の説明

Jasminum・・・・・・アラビア名 ysmyn をラテン語化したもの。

mesnyi・・・・・中国で活動した William Mesny に因みます。

【主な種類と品種】

園芸品種などは確認できていません。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

株が大きくなりますので、鉢植えには向いていません。鉢で育てるならオウバイの方をお勧めします。

植えつけ時期は、春、秋いずれでもかまいません。苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に3割程度の堆肥を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

植え場所

日当たりと水はけのよいところに植えつけます。枝が垂れ下がってきますので、南に面した斜面が活かせるところが最適ですが、普通の庭に植えても、剪定をすれば十分に楽しめます。

ウンナンオウバイの花

剪定

ウンナンオウバイはとても成長力が強く、枝がよく伸びますので、花後に剪定して樹形を整えます。

ふやし方

繁殖は挿し木が可能です。梅雨頃に指せば容易に発根します。

肥料

多肥にする必要はありません。特にチッソ分は控えめにします。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。