ウキツリボク Abutilon megapotamicum

ウキツリボクの花
写真 ウキツリボク
撮影時期 2001.11.2
撮影場所 田野町にて
科名・属名

アオイ科
イチビ属

園芸分類

常緑半ツル性低木

別名

チロリアンランプ

原産地

ブラジル・ウルグアイの中南米〜熱帯アジア

用途

庭植え、鉢植え

花期

6〜10月

【ウキツリボクについて】

ウキツリボクは、アブチロンの仲間です。アブチロンの中では耐寒性が強いので、町内でも庭に咲いているのをよく見かけます。花期も長く、11月にも花をつけています。

名前の由来は、釣りに使うウキが浮いているように見えることから来ているようです。

【花の特徴と性質】

樹高

半ツル性で、枝がよく伸びます。5mほどにはなるようです。

赤い筒状の萼が目立ち、ランプをぶら下げたようなおもしろい形をしています。

耐寒性・耐暑性

アブチロンは熱帯性の植物ですが、ウキツリボクは比較的寒さに強いと言えます。ただし、暖地以外は、鉢植えにします。

学名の説明

Abutilon・・・・・この植物のアラビア名 awbutilon に由来します。

megapotamicum・・・・・ギリシャ語の megas(大きい)+ potamos(川)+icum(に属している)が語源です。

【主な種類と品種】

通常見かける品種の他、葉に斑が入る品種があります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

ウキツリボクは生育が旺盛なので、どちらかというと庭植えに適していますが、大きい鉢を使ってアンドン仕立てにすれば鉢植えでも栽培できないことはありません。やや寒さに弱いので、4〜5月ごろが植えつけの適期です。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。半ツル性で枝がよく伸びますので、アーチやフェンスなどに絡ませて育てます。

ウキツリボクの花

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

庭植えの場合は、日当たりがよく、北風の当たらないところが適しています。日当たりが悪いと花付きが悪くなります。

ただし、夏の西日が長く当たるようなところは、避けるようにします。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てますが、夏は半日蔭に移します。

植え替え

根がよく伸びますので、鉢植えの場合は、毎年植え替えないと根詰まりを起こします。

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、もう少し古い土を落として植え替えます。

日常の管理

生育が旺盛で、放っておくといくらでも伸びてバランスが悪くなりますので、花後に切り戻しをして樹形を整えます。

冬の管理

耐寒性は、それほど強くありませんが、関東以西の暖地では戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。

鉢やプランターに植えている場合は、霜の当たらない軒下などに移し、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

ふやし方

増やす場合は、挿し木ができます。剪定したときに切った枝を使って挿します。

肥料

花は春から秋まで途切れることなく咲き続けますので生育期間中は肥料切れさせないように、定期的に緩効性肥料を置き肥します。

病気・害虫

アブラムシがつきやすいので注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。