ウエストリンギア Westringia fruticosa

ウエストリンギアの花
写真 ウエストリンギア
撮影時期 2003.2.23
栽培状況 鉢植え
科名・属名

シソ科
ウエストリンギア属

園芸分類

半耐寒性常緑低木

別名

オーストラリアン・ローズマリー

原産地

オーストラリア

用途

鉢植え

花期

春〜秋

【ウエストリンギアについて】

ウエストリンギアは、ローズマリーと花も葉も似ていますのでオーストラリアン・ローズマリーとも呼ばれますが別属の植物です。ローズマリーには香りがありますが、ウエストリンギアにはありません。

派手さはないかもしれませんが、落ち着いた雰囲気の花で、園芸店やホームセンターなどで比較的よく見かけます。

栽培したところでは、オーストラリア原産の植物がそうであるように、多湿に弱く夏には枯れてしまいました。水はけのよい用土に植えて、多湿にならないように育てる必要があります。

【花の特徴と性質】

樹高

1〜1.5mぐらいにはなるようです。摘心すれば枝数が多くなります。

花径は1.5pほどの4弁の小さな花です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はやや弱く、冬は軒下で霜に当てなければ大丈夫のようです。寒いところでは室内に取り込む必要があります。

学名の説明

Westringia・・・・・19世紀のスウェーデンの植物学者 Johan Peter Westring に因みます。

fruticosa・・・・・「低木状の」

【主な種類と品種】

シーミスト

一般に出回っている品種で、薄紫〜ラベンダー色の落ち着いた色合いの花です。

ヴァリエガータ

小さな葉の縁にクリーム色の斑が入って銀葉のように見えます。春に葉の先端に白い花をつけます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店やホームセンターなどで開花株が出回りますので、これを買って育てます。耐寒性が強くなく、また、過湿を嫌いますので、通常は鉢植えで育てます。

植えられている鉢が小さく、根詰まり気味の場合は、一回りか二回りほど大きめの鉢に植えつけます。

ウエストリンギアの花

鉢植えの用土

水はけのよいことが大切で、赤玉、バーク堆肥(腐葉土)、川砂(パーライト)を5:3:2程度に混ぜた用土などを使います。

置き場所

日当たりのよいところを好みますが、過湿に弱いので梅雨時や長雨が予想されるときは、雨の当たらない軒下に移します。

夏の暑さを嫌がりますので、夏は半日蔭になる涼しいところに置きます。

植え替え

鉢植えの場合は、2年に1回を目安に植え替えをします。

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。

日常の管理

過湿にならないよう、鉢土が乾いてから水やりをします。

剪定

花が終わった後に、伸びすぎた枝を切り詰めておきます。

冬の管理

霜に当たると枯れてしまうので、軒下など霜の当たらないところに移します。寒さの厳しいところは、室内に取り込んだ方が安全です。

ふやし方

挿し木で増やすことができます。

肥料

春と秋に緩効性の化成肥料を置き肥しますが、量は少な目にします。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。