ウインターコスモス Bidens laevis

ウインターコスモスの花
写真 ウインターコスモス
撮影時期 2009.10.31
栽培状況 庭植え
科名・属名

キク科
センダングサ属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

ビデンス

原産地

北アメリカ、メキシコ

用途

庭植え

花期

10月〜11月

【ウインターコスモスについて】

ウインターコスモスは、庭が何となく寂しくなった晩秋に咲いてくれる数少ない宿根草のひとつです。1株植えておけば、花が咲くのが待ち遠しくなります。

ウインターコスモスをビデンスという場合があるようですが、園芸店やホームセンターなどで通常ビデンスという場合は、大きくは、フェルリフォリア(B. ferulifolia)とオーレア(B. aurea)のことですので別に取り上げています。

栽培したところでは、大変丈夫で、摘芯をすることによって株が大きくなり、大変にぎやかに咲きます。

【花の特徴と性質】

ウインターコスモスの花

丈夫で、とても育てやすい品種です。そのうえ、暑さ、寒さに強い丈夫な品種ですので、栽培は容易です。

草丈

草丈は、放任すればどんどん伸びますので、開花までに摘心する必要があります。

1〜1.2m程度に押さえたいものです。

花は、径が5p程度で、黄色、白色、黄色に爪白などですが、一般的に売られていて、手に入りやすいのは黄色系です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性ともたいへん強いので、安心して育てられます。

学名の説明

Bidens・・・・・bi(二つ)+ dens(歯)が語源です。
※ 果実に2本のトゲがあることに由来します。

laevis・・・・・「平滑な」

【主な種類と品種】

琴姫

高性で、草丈150pほどになります。花径5〜6pの黄色に爪白の花を咲かせます。

イエローキューピッド

淡い黄色の花が咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店やホームセンターなどでポット苗が売られていますので、これを買って植えつけます。春に植えつけたときはその年の秋によく咲きますが、秋に植えつけたときは、翌年の秋によく咲いてくれます。

花壇に植えた方が、一面に咲いて本来のよさが発揮できますが、プランターでも十分に楽しめます。

ウインターコスモスの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

植え替え

生育がとても旺盛で、小さな苗を植え付けても、2年目には大株になります。

ですので、広い場所が確保できるならともかく、そうでなければ、春に株分けをして、親株を処分し、増えすぎないようにする必要があります。

植え場所・置き場所

植え付け場所は、日当たり、排水のよい場所とします。

鉢やプランターも日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

丈夫で繁殖力も強く、そのうえ、手間もかからなないのですが、放任はいけません。というのも、手を加えないと、丈夫なために草丈がどんどんのびて、草姿が悪くなるだけでなく、開花時に倒れてしまうからです。

草丈を低く押さえるために、生育を見ながら、開花までに2回程度は刈り込む必要があります。

冬の管理

寒くなってくると地上部が枯れて冬芽が出てきますので、枯れた枝を地際で刈り取っておきます。

ウインターコスモスの花

寒さに強く、霜除けの必要はありません。

ふやし方

植え替えの時に、株分けをして増やすことができます。

肥料

花壇に植えた場合は、春と秋に緩効性の肥料を与えますが、あまり多肥にする必要はありません。

鉢やプランターの場合は、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、月に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

葉ダニがつきやすいと言われますが、それほどの発生は見ていませんので、あまり気にする必要はないのかもしれません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。