イベリス Iberis spp.

イベリスの花
写真 イベリス 'キャンディタフト'
撮影時期 2008.5.25
栽培状況 秋播き後、庭植え
科名・属名

アブラナ科
イベリス属

園芸分類

秋まき一年草

別名

キャンディタフト

原産地

南ヨーロッパ、北アフリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜6月

【イベリスについて】

イベリスは南ヨーロッパから北アフリカ、西アジア原産のアブラナ科の一年草又は宿根草です。

ここでは、秋播き一年草を取り上げていますが、その中では、花色の多いイベリス・ウンベラータ (I. umbellata) がよく栽培されていて、単にイベリスと言えば本種を指します。

他には、白花で、花に香りがあるイベリス・アマラ (I.amara) があります。なお、宿根草のイベリス・センペルヴィレンスは、別に取り上げています。

キャンディタフトという英名は、花の形が砂糖菓子の盛り上がっていることに由来しています。

栽培したところでは、ポットに播いて育苗し、秋に花壇に植えて冬は農ポリでトンネルしたところ、まずまずの花が咲きました。

ただし、途中で立ち枯れする株が少なからずありましたので、春までポットで育てて、それから定植した方がよかったのかなと思いました。

【花の特徴と性質】

イベリスの花

草丈

ウンベラータは50〜60pになります。アマラは、草丈20〜40cmほどです。

花色は、白、紫、桃、赤など花色が豊富です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありますが、霜に当てると傷みますので、霜除けをする必要があります。

耐暑性はなく夏には枯れてしまいます。

学名の説明

Iberis・・・・・スペインのイベリア半島に因みます。

umbellata・・・・・「散形花序の」

amara・・・・・「苦い」、「苦みのある」

【主な種類と品種】

キャンディケーン

ウンベラータ系で最もよく栽培されています。草丈60cmほどで紫、桃、赤など花が咲きます。

フェアリーミックス

ウンベラータ系で草丈25〜35pでの紫、桃、赤など花が咲きます。

アイスバーグ

アラマ系で、草丈30pの白花です。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

発芽適温が20度前後ですので、9月中旬〜10月上旬に播きます。移植を嫌いますので、ポリポットに直接播いて覆土は3mm程度とします。

発芽後、間引きして、丈夫な苗を1本を残すようにします。

植え付け

ポリポットに根が回ったら花壇やプランターなどに定植しますが、もともと移植を好まないので、時期が遅れないようにします。

イベリスの花

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて、庭土とよく混ぜておきます。

1週間ほどしたら、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れ、化成肥料も入れてから庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

鉢植えの用土

赤玉土、バーク堆肥(腐葉土)、パーライトを6:3:1程度に混ぜた用土などを使います。

株間

20p程度とします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

摘芯をすると側枝が多くなり花付きがよくなります。

花が枯れてきたら花がらをこまめにつみ取ります。

冬の管理

寒さに弱いので、冬は不織布を掛けるなどして霜除けをします。

生育が遅れた場合や寒地の場合は、冬はフレームなど霜の当たらないところで育て、定植は、暖かくなり霜の降りる恐れがなくなってから行います。

イベリスの花

肥料

肥料はあまり必要としません。与えすぎると草丈は伸びますが花は咲きにくくなります。

花壇に植える場合は、植え付け時に緩効性肥料を与える程度で、追肥は必要ありません

プランターに植えた場合は、元肥のほか、株の様子を見て必要なら液肥を与えます。

病気・害虫

アブラムシがつくことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。