イフェイオン Ipheion uniflorum

イフェイオンの花の写真
写真 'ジェシー'
撮影時期 2012.3.4
栽培状況 庭植え
科名・属名

ユリ科
イフェイオン属

園芸分類

秋植え球根

別名

ハナニラ
イエイオン

原産地

アルゼンチン、ウルグアイ

用途

庭植え、鉢植え

花期

3〜4月

【イフェイオンについて】

私の住んでいる野市町ではニラ栽培が大変盛んで、ニラは非常に身近な植物です。ニラの花は白色で、一面に咲きそろうとなかなかのものです。

さて、このイフェオンはそのニラに近い種類ですが、きれいな星形の花に特徴があります。また、花色が豊富で、魅力的な球根です。

栽培したところでは、たいへん丈夫で、植えっぱなしで手間がかからず、年々よく咲いてくれます。そのうえ、繁殖力が強く、鉢植えからこぼれた球根が思わぬところに芽を出しています。

【花の特徴と性質】

イフェイオンの花

草丈

草丈は、5〜10p程度ですので、花壇の縁取りなどに使われますが、勿論、鉢植えでも楽しめます。

花の大きさは、2〜4p程度で、6枚の花弁が星形に開きます。色は、白に薄く藤青色を帯びたものや、黄色があります。

早春から咲きはじめます。また、花期が長く、1ヶ月程度は楽しめます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強く、戸外で冬を越します。

学名の説明

Ipheion・・・・・ギリシャ語の名前に由来するとされています。(詳細は不明です。)

uniflorum・・・・・「単花の」、「1花の」
※ 一つの花茎から一つの花が咲くことに由来します。

【主な種類と品種】

ユニフローラムの原種は、白花でわずかに淡いブルーが入りますが(写真:中)、園芸品種には次のような品種があります。なお、セロフィアナムは、別に載せています。

‘ウィズリーブルー'
'Wisley Blue'

ユニフローラムの園芸品種で、明るい青紫の花で花径は2〜3pほどです。草丈は、5〜10pです。

‘ピンクスター'
'Pink Star'

‘ウィズレーブルー'の突然変異から生まれた品種で、たった一つの球根から増えたと言われています。濃いピンクから次第に淡い色に変わります。(写真下)

‘ロルフフィードラー'
'Rolf Fiedler'

丸弁の整ったクリアブルーの大輪種。花茎が短いので雨が降ったあとでも倒れにくい人気品種です。草丈は、5〜10pです。

‘ジェシー'
'Jessie'

ロルフフィドラーの選抜種と言われています。ブルーの花色が濃い品種です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

植え付けの適期は、9月下旬〜11月上旬ごろです。耐寒性がありますので庭植えは勿論、草丈が低いので鉢やプランターで栽培するのにも適しています。

花壇に植える場合は、植えつけの苦土石灰を1u当たり50〜100gほど撒いて庭土に混ぜておきます。1週間ほどしたら、バーク堆肥(腐葉土)を入れて、庭土を深さ20〜30cmほど耕してから植えつけます。

鉢植えの用土

鉢やプランターに植える場合は、市販の球根用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え付けの深さ

花壇に植えるときは5cm、鉢やプランターに植えるときは3cmを目安にします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけの良いところに植え付けます。鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

イフェイオンの花

株間

庭植えの場合は5p程度、鉢植えは6号鉢で10球が目安です。

植え替え

庭植えの場合は、毎年掘り上げる必要はなく、数年は植えっぱなしでかまいません。植え替えるときは、9月ごろに掘り上げて、分球して植えつけます。

鉢やプランターに植えた場合は、小さい鉢は毎年、プランターは2年に1回を目安に、同じ時期に鉢から球根を取り出し、分球して植え替えます。

日常の管理

花壇に植えた場合は、手間がかかりません。鉢やプランターは、鉢土が乾いたら水やりをします。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えた場合は、水やりは少なくします。

休眠期の管理

鉢やプランターに植えた場合は、葉が枯れたら鉢ごと乾燥させて、秋の植え替え時まで雨のかからない涼しいところで保管します。

ふやし方

分球して増やすことができます。

肥料

花壇に植えた場合は、草勢が強いので、肥料はあまり必要としません。

鉢やプランターの場合は、植え付け、植え替え時に緩効性肥料を与えますが、多肥にする必要はありません。

病気・害虫

病害虫はとくにありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。