アリオギネ Alyogyne hakeiholia

アリオギネの花
写真 アリオギネ・ハケイフォリア
撮影時期 2016.6.23
栽培状況 開花株購入
科名・属名

アオイ科
アリオギネ属

園芸分類

常緑低木

別名

アリオギネ・ハケイフォリア

原産地

オーストラリア

用途

鉢植え

花期

5月〜7月

【アリオギネについて】

アリオギネとして出回っているのはアリオギネ・ハケイホリアです。この植物をブルーハイビスカスとしている場合がありますが、これは正しくないと思います。ブルーハイビスカスは、 Alyogyne huegelii で、同じアリオギネ属なので混同されているようです。

同じ属ですが、形状はまったく違っています。一般的な葉っぱのイメージとは異なり、長い線状になっています。

栽培したところでは、夏の高温多湿に弱く、やや栽培が難しいと言えます。

【花の特徴と性質】

草丈

現地では2mほどになるようですが、あまり大きな木は見かけたことはありません。

花径は5〜6cmほどで、桃紫色の花が咲きます。あまり密には咲きません。

耐寒性・耐暑性

寒さには比較的強いですが、霜の降りる地域は鉢植えが無難です。

学名の説明

Alyogyna・・・・・ギリシャ語の alytos (結合した、ひとつにまとまった)+ gyne (雌しべ)が語源です。

hakeiholia・・・・・「ハケアのような葉を持つ」
※ ハケアは、オーストラリア原産のヤマモガシ科ハケア属の植物のことです。

huegelii ・・・・・19世紀のオーストリアの博物学者 Karl von Huegel への献名

【主な種類と品種】

同属に、ブルーハイビスカスがあります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

開花株が5〜6月に園芸店やホームセンターなどに出てきますので、これを買ってそだてることになります。通常は、植えられている鉢が小さいので、この場合は、あまり根鉢を崩さないようにして一回り大きめの鉢に植え替えます。

多湿を嫌うこととと耐寒性が弱いので、鉢植えで育てます。

アリオギネの花

鉢植えの用土

水はけのよい用土に植えない根腐れを起こすことがあります。赤玉土、バーク堆肥(腐葉土)、軽石砂(パーライト)を6:3:1程度に混ぜた用土などを使います。

置き場所

春と秋は日当たり、水はけのよいところに置きます。多湿を嫌いますので、梅雨時などの長雨には当てないようにします。

日常の管理

多湿にならないよう、鉢土が乾いてから水やりをします。

夏の管理

夏の高温多湿が苦手ですので、夏場は、半日陰の涼しいところに置きます。

冬の管理

耐寒性が弱いで、冬は室内に取り込みます。

肥料

春と秋に置き肥をします。若しくは、春と秋に2週間に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

大きな被害を与えるものはないようですが、カイガラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。