アルンクス Aruncus

アルンクスの花
写真 ‘ノーブルスピリッツ'
撮影時期 2016.5.13
栽培状況 鉢植え
科名・属名

バラ科
ヤマブキショウマ属

園芸分類

宿根草

別名

(特にはありません)

原産地

北半球

用途

庭植え、鉢植え

花期

5月

【アルンクスについて】

アルンクスは、ヤマブキショウマ属の属名で、流通しているものはヤマブキショウマの他にいくつかあります。花も美しいですが、写真のように細かく切れ込んだ繊細な葉をもつ品種もあり、なかなか魅力があります。

栽培したところでは、下の写真の株は、置き場所にあまり気を遣わなかったので夏には枯れてしまいました。上の写真の株は、水はけのよい用土を使い、夏場は半日陰に置いてありましたので、2株ともなんとか夏を越しています。

【花の特徴と性質】

草丈

【主な種類と品種】を参照してください。

花茎が長く伸びて、白い花が穂状に咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いですが、耐暑性はあまり強くありません。

学名の説明

Aruncus・・・・・aruncus(山羊のひげ)に由来します。

dioicus・・・・・「雌雄異株の」

aethusifolius・・・・・「イヌニンジン属(Aethusa)のような葉の」

【主な種類と品種】

‘ノーブルスピリッツ’
A. aethusifolius 'Noble Spirit'

草丈が30pほどの小型の品種で、葉の切れ込みが細かい葉が魅力です。

ディオイクス
A. dioicus

ヤマブキショウマの仲間で、草丈は90〜150pほどになります。、白い花が穂状に咲きます。

ヤマブキショウマ
A. dioicus var. tenuifolius

日本に自生し、草丈は90〜150pほどです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

植え付けは2〜3月又は10〜11月ごろが適期です。園芸店やホームセンターなどに顔を出すことはあまりないようなので、種苗会社のカタログなどを通じて購入します。

庭植えはもちろん、‘ノーブルスピリッツ'のような草丈の低い品種は、鉢やプランターで育てるのにも向いています。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

アルンクスの花

鉢植えの用土

水はけのよい用土を使います。赤玉土、鹿沼土、バーク堆肥(腐葉土)を4:3:3程度に混ぜたものなどが一例です。

植え場所・置き場所

暖地では、午前中は日が当たり午後は日陰になるような場所に植え付けます。

耐暑性がそれほど強くないので、夏に西日が当たるような場所に植えると、夏越しが難しくなります。

鉢植えは、春と秋は日当たりのよいところに置きます。

植え替え

鉢植えは、2年に1回を目安に植え替えをします。もっとも、暖地の場合は、1年経つと鉢土の水はけが悪くなりますので、毎年植え替えた方がよいと思われます。

日常の管理

水切れを嫌いますので、乾燥させすぎないように注意します。

夏の管理

暖地の場合、夏越しが最大のポイントになります。鉢植えは、初夏から10月初めまでは半日陰の涼しいところで栽培します。

冬の管理

冬には地上部が枯れますので、冬が来たら地際から切り取っておきます。耐寒性が強いので、戸外で冬を越します。

ふやし方

植え替えの時に、株分けで増やすことができます。

肥料

春先に緩効性肥料を与えます。鉢植えの場合は、春〜初夏の生育期間中に時々液肥を与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。