アンモビウム Ammobium alatum

アンモビウムの花
写真 アンモビウム
撮影時期 2008.5.3
栽培状況 秋播き後、庭植え
科名・属名

キク科
カイザイク属
(アンモビウム属)

園芸分類

秋播き一年草

別名

アンモビューム
カイザイク

原産地

オーストラリア

用途

庭植え

花期

4〜5月

【アンモビウムについて】

アンモビウムの花はごく小さく、また、それほど密にも咲きません。ですので、主役になる花ではありませんが、ドライフラワーとして切り花によく利用されます。

花弁のように見える白い部分は、花ではなく総苞(花序の基部に多数の包が密集したもの)です。中心の黄色い部分が花になります。

栽培したところでは、発芽後、苗がすぐ大きくなりますので育苗はとても簡単でした。また、霜除けをしなくても冬を越すことができますので、手間もかかりません。

【花の特徴と性質】

草丈

草丈は50〜60pほどになります。

花は地味ですが、乾燥に強くドライフラワーとして利用されます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性がありますが、耐暑性がないので夏には枯れてしまいます。

学名の説明

Ammobium・・・・・ギリシャ語の ammos(砂)+ bios(生命)が語源です。

alatum・・・・・「翼のある」、「翼状部のある」

【主な種類と品種】

白花以外にはないようです。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

9月下旬〜10月中旬が適期で、直まきかポットに直接播きます。覆土は、タネが隠れる程度にします。

直まきもポット播きも、発芽後徐々に間引いて1本立てにします。

植え付け

ポットに播いた場合は、本葉6〜7枚になったら定植します。

植えつけ時に、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。

アンモビウムの花

株間

20〜25pほどにします。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

日常の管理

丈夫で、ほとんど手間はかかりません。

冬の管理

耐寒性がありますので、霜よけなどは必要ありません。

肥料

庭植えの場合は、植えつけ時に化成肥料を1u当たり30gほど与えます。あまり多肥にしなくても、よく花が咲きます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。