アガスターシェ Agastache spp.

アガスターシェの花
写真 'ピータークイーン'
撮影時期 2009.6.7
栽培状況 秋播き後、庭植え(冬は農ポリでトンネル)
科名・属名

シソ科
カワミドリ属

園芸分類

半耐寒性宿根草

別名

アニスヒソップ

原産地

メキシコ

用途

庭植え

花期

6〜7月

【アガスターシェについて】

アガスターシェの仲間には、いろいろな種があり、単にアガスターシェと言っても結構種類があります。アニスヒソップ (Agastache foeniculum) もその仲間です。タネから育てることができ、種苗会社のカタログにもいくつか載っています。

春に苗が販売されていますので、これを買って育てれば容易に花を楽しむことができます。

栽培したところでは、春にタネを播いたものの株が十分な大きさまで育たなかったので、その年には満足するような花が咲きませんでした。その後、夏の高温多湿で株が蒸れて大半が枯れてしまいました。

そこで、秋播きにして、冬場、農ポリでトンネルをして冬を越すと、翌年には株も充実して本来の美しい花が咲きました。

【花の特徴と性質】

アガスターシェの花

草丈

60〜90pほどになりますが、早めに摘心すればもう少し低くなります。葉に芳香があります。

(主な種類と品種を参照してください。)

耐寒性・耐暑性

夏場の高温多湿が苦手で、蒸れに弱い性質があります。耐寒性もそれほど強くありません。

学名の説明

Agastache・・・・・ギリシャ語の aga(非常に)+stachys(穂)が語源です。

mexicana・・・・・「メキシコの」

aurantiaca・・・・・「橙色の」

rupestris・・・・・「岩に生ずる」

【主な種類と品種】

ピータークイーン
(A. mexicana)

ライラックローズの花色で20〜30pの大きな花穂が特徴です。

アプリコットストライブ
(A. aurantiaca)

アプリコット色のユニークな花色で、小苗のうちからよく咲きます。(写真下)

アパッチサンセット
(A. rupestris)

細長い灰緑色の葉に濃いオレンジの花が咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

タネから育てる場合は、発芽適温が20〜25度と高めですので、4月中旬以降に播いた方が無難です。低温では発芽が遅れ、よい結果が得られません。

関東以西の暖地では、秋播きもできますし、冬に霜除けをして育てることができます。ただし、播く時期が遅くなると、十分育たないうちに冬が来ますので、9月中旬〜下旬には播くようにします。

箱播きにして、覆土はタネが隠れる程度にします。

発芽後、本葉が3〜4枚のころにポリポットに植え替えて苗を育てます。

植え付け

苗が育ち、ポットの底に根が回ってきたら、根を傷めないようにして定植します。秋播きの場合で育苗が遅れた場合は、無理に秋に植え付けないで、フレームなどで苗を育て、春に定植した方が無難です。

花壇に植えつける場合は、バーク堆肥を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜ合わせてから植え付けます。

アガスターシェの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

花壇に植える場合は、25〜30p程度とします。60cmのプランターの場合は、3株が目安です。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢に植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

草丈を低く抑えるために、摘芯をすると花付きも多くなります。

写真の株もそうですが、タネを播いた翌年には花がたくさん咲きますが、花が咲いた後に枯れてしまいましたので、株の寿命はそれほど長くないようです。

夏の管理

花が一通り咲き終わったら、夏が来るまでに切り戻しをしておきます。

鉢やプランターに植えている場合は、半日陰に移します。

冬の管理

耐寒性はあまり強くありませんので、秋にタネを播いて花壇に定植したときは霜除けをします。鉢やプランターも、霜の当たらない軒下などで育てます。

肥料

花壇に植える場合は、化成肥料を1u当たり30〜50gほど播いて堆肥と一緒に庭土とよく混ぜて植え付けます。後は、1ヶ月に1回程度追肥をします。

鉢やプランターに植える場合は、植えつけ時に緩効性肥料を施し、後は1週間〜10日に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

特にないようですが、花壇に植えた場合は、夏場に蒸れて枯れることがあります。種類にもよりますが、暖地では発生しやすいです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。