アニソドンテア Anisodontea capensis

アニソドンテアの花
写真 'サマーラバーズ ビッグレッド'
撮影時期 2014.6.1
栽培状況 庭植え
科名・属名

アオイ科
アニソドンテア属

園芸分類

常緑低木

別名

(特にありません)

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え、庭植え

花期

4〜11月

【アニソドンテアについて】

アオイ科の植物は、一般的には花が大きいものが多いですが、アニソドンテアはとても小さな花が咲きます。ですから、一つの花はそれほど見映えはしませんが、株が大きくなると花がたくさん咲いてけっこう楽しめます。

栽培したところでは、昔に買った品種は、耐寒性、耐暑性が弱かったように記憶していますが(記憶間違いかもしれません)、最近購入した品種は非常に丈夫になっていました。上の写真の品種は、庭植えで冬を越し、樹高も1mを超えています。

【花の特徴と性質】

樹高

50p〜1mほどになります。剪定をして育てれば鉢でも十分に楽しめます。

ごく小さなピンク系の花が咲きます。花は1日で終わりますが、花期が長く次々に咲きます。上の写真の品種は、「ビッグレッド」ですが、それでも花径は3cmです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はやや弱いです。ただし、品種によるとは思いますが、関東以西の暖地では庭植えで冬を越すものもあります。

学名の説明

Anisodontea・・・・・「(葉のヘリなどの)異形葉の」という anisodontus が語源です。
※ 不規則なのこぎり葉からきているようです。

capensis・・・・・「南アフリカのケープ地方の」

【主な種類と品種】

‘サンレモクイーン'

花径3〜3.5cmほどのピンクの花です。

'サマーラバーズ ビッグレッド'

レッドというよりも濃いピンクの花が咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

5〜6月頃に花の咲いたものが売られていますので、これを買って植えつけます。半耐寒性ですが、関東以西の暖地以西の暖地では庭植えができます。それ以外の地域は鉢植えになります。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の三分の一程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えで育てる場合は、株がどんどん大きくなりますので8号以上の大鉢が適しています。

アニソドンテアの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

5月ごろに切り戻すと、株立ちが多くなって花付きも多くなります。

花が終わったら、もう一度切り戻しをしておきます。

冬の管理

耐寒性が比較的強く、関東以西の暖地では庭植えで冬を越しますが、特に寒い日は霜除けをした方が安心です。

鉢に植えている場合は、霜の当たらない軒下などに移し、水やりは少なくしますが、鉢土がよく乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

肥料

庭植えの時は、植えつけ時に有機質肥料を与えます。

鉢やプランターの場合は、植え付け、植え替え時に緩効性肥料を与え、後は、月1回程度置き肥をします。

病気・害虫

特にはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。