アラビス Arabis caucasica

アラビスの花
写真 'ロッティディープローズ'
撮影時期 2017.3.29
栽培状況 秋播き後、庭植え
科名・属名

アブラナ科
アラビス属

園芸分類

宿根草

別名

(特にありません)

原産地

南ヨーロッパ〜イラン

用途

庭植え、鉢植え

花期

3〜5月

【アラビスについて】

アラビスはあまり見かけることの少ない花ですが、アブラナ科の宿根草です。ただし、高温多湿に弱く、暖地では夏を乗り切ることができませんので一年草扱いになります。花の印象は、同じアブラナ科のオーブリエチアによく似ています。

南ヨーロッパからイランにかけての乾燥地が原産のようで、日当たりがよく、水はけの良い用土で育てることが肝要です。

栽培したところでは、タキイさんから 'ロッティディープローズ' という品種のタネが販売されていましたので播いてみましたが、発芽もよく順調に育って、写真のようによく咲いています。なお、1月中旬から2月中は、不織布を掛けています。

【花の特徴と性質】

アラビスの花

草丈

15〜20pほどです。

花径2〜3pほどの花が咲きます。自生種では白花となっていますが、園芸店で売られていた品種は赤紫でした。他に白や桃色の品種もあるようです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いですが、耐暑性は弱いです。

学名の説明

Arabis・・・・・アラビアに由来しています。

caucasica・・・・・「コーカサスの」

【主な種類と品種】

'ロッティディープローズ'という品種のタネが販売されています。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

タネの販売は少ないですが、タネを播いて育てることができます。時期は、9月下旬〜10月中旬が適期で、清潔な用土を入れた育苗箱に播きます。

発芽後、本葉が3〜4枚のころにポリポットに植え替えて苗を育てます。

アラビスの花

植え付け

本葉が5〜6枚になったら花壇やプランターに定植します

苗から育てる場合は、春先に花の咲き始めた株が出回りますので、これを買い求めてプランターなどに植え付けます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

20pほどとします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

自生地が乾燥地だけに過湿を嫌います。水やりは控え目にして管理します。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。もっとも、寒さが厳しい時期に不織布を掛けてやると、苗の育ちがよく、開花も早くなります。

鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら午前中に水やりをします。

ふやし方

花後にできるサヤの中のタネを採って保存し、秋に播きます。

肥料

植え付け時に緩効性肥料を与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。