アカバナジョチュウギク(赤花除虫菊) tanacetum coccineum

アカバナジョチュウギクの花
写真 ‘ロビンソンミックス'
撮影時期 2016.5.7
栽培状況 秋播き後、庭植え
科名・属名

キク科
ヨモギギク属

園芸分類

春まき一(二)年草、宿根草

別名

赤花ムシヨケギク

原産地

西南アジア

用途

庭植え

花期

5〜6月

【アカバナジョチュウギクについて】

ジョチュウギクにはシロバナジョチュウギク(T. cinerarifolium)とアカバナジョチュウギク(T. coccineum)の2種類が栽培されています。

単にジョチュウギクと言えば、蚊取り線香の原料として栽培されたシロバナジョチュウギクの方で、園芸用としては主にアカバナジョチュウギクが栽培されています。

栽培したところでは、耐暑性が弱いので、秋に播いて12月中旬に花壇に植えたところ、よく育って予想以上にきれいに咲いてくれました。ただし、花が咲いた株は、夏には枯れてしまいました。

【花の特徴と性質】

アカバナジョチュウギクの花

草丈

白花ジョチュウギクは30〜40p程度ですが、アカバナジョチュウギクは80〜100pほどになります。

アカバナジョチュウギクは、その名前から赤花と思い込みがちですが、赤、桃色、白色があります。

花は大きく、花茎8〜9cmほどになります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありますが、耐暑性はあまり強くありません。

学名の説明

tanacetum・・・・・ギリシャ語の anthanasis(不死の、不滅の)に由来します。

coccineum・・・・・「深紅色の」

【主な種類と品種】

‘ロビンソンミックス'

アカバナジョチュウギクの各色の混合種です。

白花除虫菊

古くから栽培されている除虫菊です。花径3pほどで、春に播いて翌年開花します。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

春播きもできますが、関東以西の暖地であれば秋播きで開花させることができます。発芽適温は15〜20度程度ですので、秋播きの場合は、9月中旬〜10月上旬ごろに播きます。覆土は5mmほどにします。

秋播きの場合は、播く時期が遅れると、定植する時期までに苗が十分に育たない恐れがありますので、遅くならないようにします。

本葉が3〜4枚になったらポリポットに植え替えて、苗を育てます。私は11月になったら無加温のビニールハウスで苗を育てましたが、12月中旬には定植できる大きさになりました。

植え付け

アカバナジョチュウギクは、ある程度の大きさになった状態で冬の低温に当たらないと花芽ができないので、花壇に植える場合は、年内には定植します。

アカバナジョチュウギクの花

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植える場合は、苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて庭土に混ぜておきます。

1週間ほどしたら、バーク堆肥を1u当たり10Lほど入れて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

苗から育てる場合は、秋や春先に園芸店などに出回りますので、これを買って植え付けます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

株間

思いのほか株が大きくなりますので、花壇に植える場合は30p程度とします。60cmの標準のプランターの場合は3株が目安です。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

開花時になると、花茎が伸びて風で倒伏しそうになりますので、必要な場合は支柱を立てておきます。

アカバナジョチュウギクの花

冬の管理

耐寒性がありますので、暖地では花壇に植えても霜除け等は必要ありません。

冬には、地上部が枯れてきますが、春になると芽を吹いてきます。

肥料

花壇に植える場合は、化成肥料を1u当たり50gほど撒いて、庭土とよく混ぜてから植え付けます。

鉢植えの場合は、元肥に緩効性肥料を施し、生育期間中にときどき液肥を与えます。

病気・害虫

アブラムシがつくことがあります。また、夏の高温期に根腐病で枯れてしまうことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。