アイノカンザシ(愛のかんざし) Bauera rubioides

アイノカンザシの花
写真 アイノカンザシ
撮影時期 2004.4.11
栽培状況 開花株購入
科名・属名

クノニア科
エリカモドキ属
(バウエラ属)

園芸分類

常緑低木

別名

バウエラ
エリカモドキ

原産地

オーストラリア東部

用途

鉢植え

花期

3〜4月

【アイノカンザシについて】

アイノカンザシは、オーストラリア原産の花木です。「愛のかんざし」というネーミングは花木にはどうかという気もしますが、ピンクのかわいい花が咲くので、一般にはこの名で流通しています。

オーストラリア原産の花木の多くがそうであるように、日本の気候風土の中では少し栽培が難しいように思われます。

栽培したところでは、夏の高温多湿が苦手なのか、夏には元気がなくなり枯れてしまいました。栽培環境がよくなかったのかもしれません。

【花の特徴と性質】

樹高

園芸店では30pほどのものが一般的ですが、現地では大きくなると2mほどになるようです。

花径2pほどの小さな花です。花色はピンクです。

耐寒性・耐暑性

暑さ、寒さに弱いので夏と冬の管理に注意が必要です。

学名の説明

Bauera・・・・・植物画家の Francis と Ferdinand Bauer に因みます。

rubioides・・・・・「アカネ属に似た」
※ アカネ属(Rubia)は、赤を意味するラテン語の ruber に由来します。

【主な種類と品種】

エリカモドキ属(バウエラ属)で流通しているのは本種だけのようです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

通常、春に花の咲いたものが売られていますので、これを買って育てます。過湿にに弱く耐寒性も弱いので鉢植えでの栽培になります。

購入した株の鉢が小さすぎるときは、根鉢を崩さないようにして、一回り大きい鉢に植え替えます。

アイノカンザシの花

鉢植えの用土

水はけのよい用土を使います。市販の培養土にパーライトを2割ほど加えた用土が一例です。

置き場所

秋から春は、日当たりのよいところで育てます。

植え替え

なかなか植え替えをするまで育てることが難しいですが、夏と冬を越すことができれば、4月頃に植え替えをします。

あまり根鉢を崩さないようにして、一回り大きい鉢に植え替えます。

日常の管理

過湿を嫌いますので、乾燥気味に育てます。特に、梅雨時の長雨に注意します。

夏の管理

高温多湿に弱いので、夏は、風通しのよい半日陰もしくは明るい日陰に置きます。

冬の管理

耐寒性が弱いので室内に取り込み、水やりは少なめにします。暖地の場合は軒下でも大丈夫なようです。

肥料

春と秋に液肥を2週間に1回程度与えます。

病気・害虫

特にはないようですが、夏の高温多湿で枯れることがよくあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。