アリッサム・サクサティレ Alyssum saxatile

アリッサム・サクサティレの花
写真 サクサティレ ‘サミット'
撮影時期 2016.4.9
栽培状況 苗購入後、鉢植え
科名・属名

アブラナ科
アリッサム属

園芸分類

宿根草

別名

黄花アリッサム
ゴールドダスト

原産地

ギリシア・マケドニア地方

用途

庭植え、鉢植え

花期

3〜4月

【アリッサムについて】

アリッサムといえば、スイートアリッサムの方がよく栽培されてポピュラーです。ただし、スイート・アリッサムは以前はアリッサム属でしたが、今は、ニワナズナ属(ロブラリア属)に分類され別属になっています。

アリッサム属としては、このサクサティレ (A.saxatile) が栽培されています。黄色の花がいっぱいに咲くので、けっこう利用価値のある宿根草です。ただし、耐暑性が弱く夏に枯れてしまう場合が多く、関東以西の暖地では、一年草(二年草)と考えるべきかと思われます。

栽培したところでは、秋に購入した株は写真のようによく咲いてくれました。ただし、秋にタネを播いてみましたが、株が十分に育たなかったのか期待した花を見るところまで行きませんでした。また、挑戦してみようと思っています。

【花の特徴と性質】

草丈

10〜30pほどです。

黄色の小さな花がたくさん咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありますが、耐暑性はさほどありません。

学名の説明

Alyssum・・・・・この属の植物のギリシャ名で、ギリシャ語の a(無)+ lyssa(狂い)が語源です。

saxatile・・・・・「岩間に生ずる」、「岩上に生える」

【主な種類と品種】

‘サミット'
A. saxatile ‘Summit'

草丈が15cmほどの宿根性のアリッサムで、黄色の小さな花がたくさん咲きます。

サクサティレ・コンパクタ
A. saxatile 'Compactum Gold Ball'

サクサティレの矮性種のようです。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

タネも販売されていますので、9月下旬〜10月に育苗箱に播き、覆土は2mm程度にします。

発芽後、本葉が3〜4枚のころにポットや小鉢に植え替えて苗を育てます。

植え付け

暖地の場合は、ポットに根が回ったら定植して、冬は霜除けをします。暖地以外は、フレームなどで保温し、春に定植した方が無難です。

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植える場合は、植えつけの1週間ほど前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて、庭土とよく混ぜておきます。

定植する際は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lと化成肥料を30〜50gほど撒いて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

園芸店やホームセンターなどでは、1月ごろから開花し始めた苗がポットに植わって販売されていますので、これを買って植えつけます。寒い時期にこうした苗を購入したときは、いきなり庭に植えると霜で傷みますので、鉢や小さなプランターに植えて霜の当たらないところで育てます。

アリッサム・サクサティレの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところを好みますが、高温多湿に弱いので、夏は半日陰になるようなところに植えつけます。

鉢やプランターに植えた場合は、秋から春は日当たりのよいところに、夏は半日陰〜明るい半日陰に置きます。

日常の管理

高温多湿に弱いので、夏は風通しのよい、涼しいところで管理します。

暖地では、夏に枯れてしまうので、翌年も育てたい場合は、タネを採っておきます。

肥料

花壇に植えた場合は、植えつけ時に施肥をすれば、後はほとんど不要です。

鉢やプランターに植えた場合は、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、3〜5月ごろに液肥を2週間に1回程度与えます。

病気・害虫

アブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。