アスタルテア Astartea fascicularis

アスタルテアの花
写真 アスタルテア
撮影時期 2004.2.7
栽培状況 開花株購入
科名・属名

フトモモ科
アスタルテア属

園芸分類

常緑低木

別名

アスターチャ

原産地

オーストラリア西部

用途

鉢植え

花期

2〜4月

【アスタルテアについて】

アスタルテアは、オーストラリア原産の花木で、一時よく見かけましたが最近あまり見かけなくなったように思います。ピンクのやさしい感じの色合いが魅力的です。感じとしては、ギョリュウバイを小さくしたような印象を受けます。

栽培したところでは、多くのオーストラリア原産の植物がそうあるように、高温多湿が苦手のようで、花後、いつの間にか枯れてしまいました。ただし、管理が十分でなかったのかもしれませんので、もう一度、育ててみようと思っています。

【花の特徴と性質】

樹高

現地では2mほどにはなるようですが、園芸店では30p程度のものが売られています。

花は極小さく、7〜8ミリ程度の丸い5弁のはなです。花色はピンクです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありませんので、冬は室内で管理します。

学名の説明

Astartea・・・・・女神アスタルテ(AStarte)に因んでいます。

fascicularis・・・・・「ほうき状の」、「はけ状の」

【主な種類と品種】

アスタルテアとして売られており、品種名の付いたものは出回ってないようです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

春先に開花株が出回りますので、通常は、これを買って育てることになります。耐寒性がないので鉢での栽培になります。

購入した株は、小さな鉢に植えられていることが多いですが、根詰まり気味のときは、根鉢を崩さないようにして一回り大きい鉢に植え付けます。

鉢植えの用土

アスタルテアの花

弱酸性を好みますので、用土は鹿沼土主体のものを使います。

置き場所

日当たりを好みますが、半日陰程度でもよく育ちます。夏場は半日陰に移します。

過湿を嫌いますので、梅雨時の長雨には当てないようにします。

植え替え

根詰まり気味になってきたら植え替えます。時期は、花後に行います。

日常の管理

乾きすぎないように管理します。乾燥させすぎると回復不能になりやすいです。その一方で、過湿にすると根腐れしますので注意します。オーストラリア原産の花木は、このへんの管理が難しいと言えます。

剪定

花後に伸びすぎた枝を切り詰めて、樹形を整えます。

冬の管理

耐寒性がありませんので、冬は室内に取り込みます。水やりは少なくしますが、鉢土がよく乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

肥料

植え替え時に緩効性肥料を与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。