アシスタシア Asystasia intrusa

アシスタシアの花
写真 アシスタシア・インツルサ
撮影時期 2013.10.3
栽培状況 鉢植え
科名・属名

キツネノマゴ科
アシスタシア属

園芸分類

非耐寒性宿根草

別名

タイノオモイデ

原産地

東南アジア

用途

鉢植え

花期

7〜10月

【アシスタシアについて】

アシスタシアは、最近、園芸店などで時々見かける宿根草です。切り戻しをすれば、秋にも咲くので長く楽しめます。

花はきれいですが、耐寒性がありませんので鉢での栽培となります。

栽培したところでは、寒さが来るまでは長い間花が咲いてくれましたので、1年ものと思って買っても十分に楽しめます。

【花の特徴と性質】

草丈

売られているものは小苗か開花株でも30〜40pほどです。日本では暑い時期が限られることもあって、通常の栽培では枝がどんどん伸びることはありませんが、現地では枝が1m以上近く伸びるようです。

一重の小さな花で花色はピンク、紫などで白の覆輪が入っています。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありません。

学名の説明

Asystasia・・・・・ギリシャ語の a(否、無)+ systasia (一致した)が語源です。

intrusa・・・・・(※ 不詳)

【主な種類と品種】

アシスタシア属には、インツルサの他に常緑小低木のアシスタシア・ガンゲティカなどがあります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

夏に花の咲いた株が売られていますので、これを買って育てます。鉢が小さい場合が多いので、一回りか二回り大きめの鉢に植え替えます。開花株の場合は、根鉢を崩さないように植え付けます。

耐寒性がないので鉢での栽培になりますが、耐寒性がないことから、1年ものとして考えれば庭植えにしてもよいかと思われます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

アシスタシアの花

置き場所

日当たりを好みますが、夏は半日陰でかまいません。午前中日の当たるところに置いてありましたが、特に問題はありませんでした。

日常の管理

夏場の水切れに注意します。花が一度終わった後で、切り戻しをすると秋になって再び花を見ることができます。

冬の管理

耐寒性がないので、寒くなる前に室内に移します。

肥料

花の咲いている期間が長いので、液肥を週に1回程度与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。