アルメリア・マリティマ Armeria maritima

アルメリアの花
写真 アルメリア・マリティマ
撮影時期 2007.4.29
栽培状況 苗購入後、鉢植え
科名・属名

イソマツ科
アルメリア属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

ハマカンザシ

原産地

中部ヨーロッパ
北アメリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

3月〜4月

【アルメリア・マリティマについて】

アルメリアの中で、最もよく見かけるのが、アルメリア・マリティマです。株全体がコンパクトで、鉢物としておなじみです。アルメリアの中には葉が幅広く、草丈や花茎も長いアルメリア・フォルモーサも栽培されています。

アルメリアは、夏の暑さが苦手ですが、このマリティマも同様で暖地では夏越しが難しいです。

栽培したところでは、苗を購入すれば、花を楽しむことは簡単でしたが、その後、夏までに枯れてしまいました。一年ものと考えるしかありません。

【花の特徴と性質】

草丈

15〜20p程度です。

ボール状の濃いピンク色の花を咲かせます。

耐寒性・耐暑性

寒さには強く、丈夫なので、気候のあったところでは、戸外で1年中緑を保ち、花壇の縁取りなどに向いています。ただし、高温多湿を嫌いますので、暖地では夏が来るころには枯れてしまいます。

学名の説明

Armeria・・・・・ケルト語の ar mar(海辺)に由来するラテン語の植物名 armeria から。

maritima・・・・・「海辺の」、「海岸の」

【主な種類と品種】

アルメリアの中では、マリティマの他にフォルモーサのタネが販売されています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

マリティマは、年内から園芸店で苗が売られていますので、これを買って植えつけます。多湿を嫌うので通常は、鉢植えにします。

鉢植えの用土

用土は、水はけのよいものを使います。赤玉土、鹿沼土、軽石(パーライト)を5:3:2程度に混ぜた用土などが一例です。

アルメリアの花

株間

マリティアは小型ですので15cmを目安にします。

植え場所

アルメリアは、「海に近い」という意味で、もともと、海岸性の植物なので、日当たりと風通しのよいところで育てます。

また、高温多湿に弱いので、夏の西日を遮ることのできる場所が適しています。

日常の管理

温暖化が進む昨今では、暖地では、よほどよい条件でないと梅雨時や夏場に蒸れて枯れてしまいます。

夏を越すことができた場合は、秋に株分けをします。その際、太い根の一部が株に残るようにすることが大切です。

冬の管理

耐寒性が強く、年内に買った株は戸外で冬を越すことができます。

肥料

砂地混じりのやせた土地でよく育ちますので、肥料はあまり必要ではありません。

病気・害虫

病害虫は、特に問題になるようなものはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。