アメリカデイゴ Erythrina crista-galli

アメリカデイゴの花
写真 アメリカデイゴ
撮影時期 2007.6.10
栽培状況 庭植え
科名・属名

マメ科
デイゴ属

園芸分類

落葉広葉低木

別名

カイコウズ(海紅豆)

原産地

東南アジア

用途

庭植え

花期

6〜9月

【アメリカデイゴについて】

アメリカデイゴは南米原産の花木で、アルゼンチンの国花になっていますし、鹿児島県の県木にも指定されています。なお、デイゴは、沖縄県の県花ですが、耐寒性が弱いので高知でも見かけることはありません。

写真の木は、ずいぶん前に高知市の日曜市で買って植え付けたものですが、非常に樹勢が強く、大きくなりすぎて持て余すほどになっています。

栽培したところでは、毎年、思い切って剪定していますが、それでも大きくなりすぎてしまいます。でも、花が特徴のある美しい花なので、根こそぎ切る気にもならず、毎年赤い花を咲かせています。

【花の特徴と性質】

アメリカデイゴの花

樹高

放任すると数m以上になります。枝に棘があるので、剪定などが少し面倒です。

長く伸びた花茎に、花径5pほどの赤色の花をたくさん付けます。

マメ科の植物の花は、旗弁(上側のとくに大きい花弁)が上になって咲く場合がほとんどですが、アメリカデイゴの花は写真のように旗弁が下になっています。

耐寒性・耐暑性

比較的耐寒性がありますので、関東以西の太平洋岸地域では庭植えが可能です。最近の温暖化で、もう少し植栽可能地域が増えているような気もします。

学名の説明

Erythrina・・・・・ギリシャ語の erythros(赤)が語源です。

crista-galli・・・・・おんどりの「トサカ」

【主な種類と品種】

アメリカデイゴ以外のデイゴの仲間を紹介します。

デイゴ
E. variegata var. orientalis

デイゴは沖縄の県花で、朱赤色の花です。耐寒性がアメリカデイゴより弱いので、栽培できるところが限られます。

サンゴシトウ
E. × bidwillii

アメリカデイコの交雑種で、葉の形からヒシバデイゴともいわれます。花は赤花です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

暖かくなった4月以降に植えつけます。苗木の大きさにもよりますが、通常は、根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、堆肥を入れ庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

植えた後は、タップリと水やりをしておきます。

アメリカデイゴの花

植え場所

日当たりと水はけのよいところに植えつけます。

株が大きくなりますので、相当の空間が必要になります。

剪定

アメリカデイゴは非常に大きくなりますので、特に広い空間がある場合を除き、毎年強剪定をする必要があります。

花は、その年に伸びた枝の先につきますので、冬の間に済ませておきます。

冬の管理

比較的耐寒性がありますが、庭に植え付けた年は霜除けをした方が安心です。

肥料

勢いがよい木なので、肥料は必要ありません。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。