アマリリス Hippeastrum hybridum

アマリリスの花
写真 アマリリス
撮影時期 2009.5.9
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ヒガンバナ科
ヒッペアストラム属

園芸分類

春植え球根

別名

ヒッペアストラム

原産地

南アメリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

4月〜5月

【アマリリスについて】

アマリリスは、数ある春植え球根の中でも代表的なものです。花は、日が当たると、花弁がきらきら輝き大変美しく、球根植物の中でも最も豪華なもののひとつですので、一鉢は欲しくなります。また、在来種も群生して一斉に咲いている様は本当に美しいものです。

小学校のときアマリリスの歌がありました。その中で、「かわいいアマリリス」と歌われていましたが、歌詞のイメージからすると、アマリリスの大きな花はちょっと違うなという感じを受けるかもしれません。園芸種は、それほど豪華な花を咲かせます。

栽培したところからすると、育てやすい球根ですので、いろいろな品種を大きめのプランターに3〜5球まとめて植えて育てていますが、毎年よく咲いてくれます。

また、耐寒性も比較的あり、冬は水やりを中止して、プランターに植えっぱなしにして軒下に置いてありますが、寒さで傷んだことはありません。(ただし、私の住んでいる高知県香南市での事例です。)

欲を言えば、花がすばらしいだけにもう少し長く咲いてくれればと思いますが、これだけはなんともなりません。

【花の特徴と性質】

アマリリスの花

太い花茎を伸ばし、先端に大輪の花を3輪〜4輪咲かせます。大きな球根の場合は、花茎が2本、あるいは3本出てきますが、小さい球根の場合、ほとんど1本だけとなります。

最近、化粧箱に入って、水を与えれば40日前後で開花する手軽な鉢植えが出回っています。

草丈

50〜60pほどになります。

在来種は、赤と白の2種類ですが、園芸種は赤、ピンク、白、絞り、覆輪などがあり、大きいものでは花茎が20pを超えます。また、最近では八重咲きの品種も多く見かけるようになりました。

耐寒性・耐暑性

園芸種は耐寒性が弱いですが、庭植えの場合、冬に株の上に敷きわらなどをして霜除けをやると、冬越しができます。ただし、これは暖地の場合でそれ以外のところでは、園芸種は露地での冬越しは困難かもしれません。

中輪で先のとがった在来種は、非常に強健で寒さにも強く、条件がよければ、自然に増えて群生しているのをよく見かけます。

学名の説明

Hippeastrum・・・・・ギリシャ語の hippeos(騎士)+ astron(星)が語源です。

hybridum・・・・・「雑種の」

【主な種類と品種】

ルドウィッヒ系

オランダで改良されたもので、今、出回っている大輪アマリリスのほとんどがこの系統です。毎年たくさんの品種が売られていますので、好きな色が選べます。

レティクラタム

葉に白いすじの入る品種で、シロスジアマリリスと呼ばれます。豪華さはありませんが、秋に咲きます。

小輪系

花付きのよい小輪多花性種で、花茎が2〜3本出て、ひとつの花茎に4〜6個の花が咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

販売されている球根は、根がほとんどついてないものが多いようですが、この状態で植え付けた場合、葉が出る前に花茎が伸びてきて、葉はその後になります。

2年目になると葉が先に出てきて、バランスのよいものになります。

ですから、できれば根がたくさんついているものを買い求めたいものですが、根のあまり付いてない球根でも、1年目から花は十分に楽しめます。

植え付け

3月中旬〜4月頃に植えつけます。 鉢植えは球根の上部が土の上に出るように、また、庭植えは3〜5cmほど土がかぶるようにして植えつけることが大切です。

鉢植えの場合、大球は7号鉢に1球、それ以外は6号鉢に1球が適当な鉢の大きさです。ただし、大型のプランターや大鉢にまとめて植えつけると、豪華に咲きますのでとても見応えがあります。

鉢植えの用土

市販の園芸用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

アマリリスの花

植え替え

植え替えは、植え付けと同じ時期に、分球を兼ねて行います。

鉢植えの場合は、毎年、もしくは2年に1回、春に植え替えます。

プランターに大型のプランターに植えたものは、2年に1回でかまいません。植え替えの際は、根を傷めないように丁寧に扱います。

植え場所・置き場所

庭植えの場合は、日当たり、排水のよいところに植えます。鉢植えの場合も、日当たりのよい場所に置きます。ただし、夏は半日陰になるところが最適です。

日常の管理

根がほとんど付いてない球根を植えた場合は、すぐに水やりをしないで、1週間ほどして水やりを始めます。乾いた用土に植える場合は、多少早く水やりを初めても問題ありません。

鉢植えやプランターに植えた場合は過湿にならないようにします。灌水のとき球根に水がたくさんかかると球根が腐ってくることがありますので注意します。

冬の管理

鉢植えやプランターは12月以降に灌水を中止し、軒下などに移します。寒地の場合は、室内に移しかます。

暖地で、庭植えにしている場合は霜除けをします。

休眠期の管理

鉢植えやプランターに植えたものを軒下に置いておくと、雨がかかってしまうことがありますが、それほど心配することはありません。

アマリリスの花

私もずいぶんとアマリリスをプランターに植えていますが、そのことで、球根が腐ったということはありません。

ふやし方

植え替えの時に、分球して増やすことができます。品種によって、分球しやすいものと、あまり分球しないものがあるようです。

肥料

肥料を好みますので、植えつけ後、三要素が均一の固形肥料を置き肥します。

病気・害虫

1年だけですが、球根の中に入って芯を食べる害虫の被害を受けました。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。