アセビ(馬酔木) Pieris japonica

アセビの花
写真 アケボノアセビ
撮影時期 2004.2.28
栽培状況 庭植え
科名・属名

ツツジ科
アセビ属

園芸分類

常緑広葉低木

別名

アシビ

原産地

本州、四国、九州

用途

庭植え

花期

3〜5月

【アセビについて】

アセビは、万葉の昔から愛されてきた花木です。「馬酔木」と書くのは、ご承知のように、枝葉に有害物質が含まれていて馬が食べると酔ったようになるところから来ています。

在来種(P. japonica)のほかに日本に自生しているのは、沖縄に自生している変種のリュウキュウアセビです。ただし、別種(P. koidzumiana)にする場合もあります。

栽培したところでは、庭に園芸品種を2種類ばかり植えていますが、生育はゆっくりで木もそれほど大きくならず、手間もほとんどかかりません。

【花の特徴と性質】

アセビの花

樹高

普通1〜3mほどになります。

スズランのような小さな花をたくさん付けます。通常白花をよく見かけますが、淡ピンクや濃赤色の品種もあります。

なんとなくドウダンツツジに似ていますが、ともに同じツツジ科です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強く、耐暑性もあります。

学名の説明

Pieris・・・・・ギリシャ神話の詩の女神ピエリス(Pieris)に由来します。

japonica・・・・・「日本の」

koidzumiana・・・・・日本の植物分類学の基礎を築いた植物学者の小泉源一氏に因みます。

【主な種類と品種】

在来種のほかに、次の種類及び園芸品種があります。

リュウキュウアセビ
P. j. subsp. koidzumiana

沖縄に自生するアセビで、園芸用に採取され、自生のものは残っていないとされています。白花で、アセビよりも花が長いのが特徴のひとつです。(写真:下)

アケボノアセビ

アセビの園芸品種で、淡紅アセビとも呼ばれ花が淡紅色です。

バーレバレンタイン

こちらもアセビの園芸品種で、アセビの中で最も濃い赤いベル状の花を咲かせます。

フレーミングシルバー

朱赤色の新芽と白覆輪の斑入り葉のコントラストが美しい品種です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

通常、花の咲いた株を春に買って植え付けることが多いですが、苗木を植えるのは春でも秋でもかまいません。木が小さい場合は、1年は鉢で培養してから植えつけた方が無難です。

庭に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に3割程度の堆肥を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。この際、深植えにならないよう注意します。

鉢植えの用土

赤玉土、鹿沼土、バーク堆肥(腐葉土)を等量に混ぜたものなどを使います。

植え場所

アセビの花

半日陰でもかまいませんが、日当たりのよい方が花付きがよいようです。ただし、夏の西日が当たるところは避けた方が無難です。

植え替え

鉢植えの場合は、毎年もしくは少なくても2年に1回は植え替えをします。

表土と根鉢の三分の一〜半分くらいの土を落として、新しい用土で植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、半分程度古い土を落として植え替えます。

日常の管理

実をつけると株が弱りますので、花が終わったら、できるだけ早く花穂を切り取ります。

剪定

生育がゆっくりで、自然に樹形をつくりますので、あまり剪定は必要としませんが、行うなら花後にします。

肥料

庭植えの場合は、肥えた土地ならあまり必要としません。やせ地の場合は、春先に緩効性肥料を株の周囲に撒いて土に混ぜておきます。

鉢植えの場合は、春と秋に固形の化成肥料を与えます。

病気・害虫

それほど大きな被害を与えるものはありませんが、ハマキムシの被害を受けることがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。