アスター Callistephus chinensis

アスターの花
写真 アスター 'ポンポンアスター'
撮影時期 2009.5.31
栽培状況 秋にタネ播き後庭植え、冬季はポリシートで霜よけ
科名・属名

キク科
エゾギク属

園芸分類

春(秋)まき一年草

別名

エゾギク

原産地

中国北部

用途

庭植え、鉢植え

花期

6〜9月

【アスターについて】

アスターと言う場合、一般的にはエゾギク(C. chinensis)を指してこう呼んでいますが、エゾギクはアスター属(シオン属)ではありません。ここで言うアスターは、中国原産の1属1種の春(秋)播き一年草です。

夏ギクにはないブルーや青紫の花もあり、特に切り花としての利用価値が高い花です。そのせいか、切り花でよく見かけます。

連作を極端に嫌うことで知られており、一度植えたところは、少なくても5年は空けたほうがよいと言われています。

栽培したところでは、高温多湿に弱いので、春播きで育てたところ、あまりよい結果が得られませんでした。

秋播きにし他場合は、冬、霜よけをして栽培したところ、比較的うまくいきました。

【花の特徴と性質】

アスターの花

草丈

50p〜1m程度になります。

色は非常に多彩で、白、黄、桃、赤、緋赤色、青、紫などの他、複色花もあります。

花茎は5p程度ですが、大輪になると8pになる品種もあります。

耐寒性・耐暑性

比較的冷涼な気候を好み、高温多湿になると立ち枯れ病が発生しやすくなります。

学名の説明

Callistephus・・・・・ギリシャ語の calli(美しい)+ stephos(冠)が語源です。

chinensis・・・・・「中国の」

【主な種類と品種】

ステラシリーズ

草丈50〜60pで、花径2.5〜3pの半八重咲きで種です。

松本シリーズ

草丈50〜60pで、花径5〜6pの2〜3重咲きです。

‘ミスヨーロッパ’

花径8〜9pの大輪で花茎が強く育てやすい品種です。草丈は40〜50pほどです。

くれない系

耐病性の強い八重咲き品種です。

‘彗星’

大輪ポンポン咲きで、花の内側が白、外側が赤の複色花で美しい花です。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

一般には4月上旬〜5月に箱などに播きます。発芽適温は20度くらいです。暖地では秋播きも可能です。育苗中に立枯病が発生しやすいので、清潔な用土を使用します。

あらかじめ湿らせた用土を入れてタネをまき、翌日に5mmほどの深さに覆土をします。すぐに水をたっぷり与えるよりも、徐々に増やしていきます。

発芽後、本葉が2〜3枚になったらポットや小鉢に植え替えて、薄めの液肥を与えながら苗を育てます。

植え付け

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植えるときは、あらかじめ苦土石灰を1u当たり50〜100gほど撒いて耕しておきます。

本葉が6〜7枚になったら花壇やプランターなどに定植します。

花壇に定植するときは、バーク堆肥(腐葉土)1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植え付けます。

アスターの花

株間

花壇に植えるときは15〜20pの株間とします。鉢植えでは6〜7号鉢に3株が目安です。

植え場所・置き場所

日当たり、風通しがよくて排水のよいところがに植え付けます。過湿に弱いので、花壇に植えるときは高うねにして水はけをよくしておきます。

アスターは連作を嫌いますので、庭植えの場合、同じ場所に植えるには数年は空けるようにします。

鉢やプランターに植えた場合は、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

草丈が伸び、開花近くになってくると、風雨で株が倒伏しやすくなるので、支柱を立てて倒伏を防ぎます。そのままにしておくと、花首が曲がって見栄えが悪くなります。

冬の管理

秋播きにして定植した場合は、霜除けをした方が安心です。秋に定植せず、フレームなどで育て、春先に定植する方法もあると思います。

肥料

花壇に植えるときは、化成肥料を1u当たり50gほど施し、堆肥と一緒に庭土とよく混ぜてから植え付けます。

病気・害虫

立枯病に注意します。また、アブラムシが付くと花芽が萎縮するので注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。