アキメネス Achimenes spp.

アキメネスの花
写真 アキメネス
撮影時期 2007.10.20
栽培状況 鉢植え
科名・属名

イワタバコ科
アキメネス属

園芸分類

春植え球根

別名

ハナギリソウ

原産地

メキシコ、ブラジル、アルゼンチン

用途

鉢植え

花期

6〜9月

【アキメネスについて】

アキメネスは、南米原産のイワタバコ科の春植え球根で、夏から秋にかけて鉢物として出回ります。花色はピンク、紫などが多いようです。大切に育てると長い間かわいい花が次々に咲いてくれます。

園芸品種としてのアキメネスは、ロンギフローラ(A. longiflora)とエレクタ(A. erecta)を中心に品種改良がなされています。アキメネスは、寒さに弱いですが、夏の暑さも嫌います。特に直射日光は禁物です。

栽培したところでは、置き場所に気をつければ、栽培はさほど難しいことはありませんでした。球根が増えるのも楽しいものです。

【花の特徴と性質】

アキメネスの花

草丈

草丈は、15〜25pほどです。

花径は大輪種で5p、中輪咲きで3pほどになります。一重咲きと八重咲きがあり、花色は、淡ピンク、紫、赤などです。

自然栽培だと9月頃に咲き出して、秋の終わりまで楽しめます。蕾が見えだしてから、花が咲くまで案外日数がかかります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性がなく、また、夏の暑さも苦手です。

学名の説明

Achimenes・・・・・ギリシャ語の chemaino(寒さに悩まされる、寒さに苦しむ)が語源です。

longiflora・・・・・「長い花の」

erecta・・・・・「直立した」

【主な種類と品種】

八重咲き種

バラに似た小さな花をたくさん付けます。「クリムソンタイガー(赤)」、「ブルーローズ(青)」、「ハニーゴールド(黄)」などの品種があります。

中輪咲き種

花径3pほどで、鉢やプランターに最適です。耐暑性も強いようです。「グラスミア」、「インフェルノ」、「クラウデッドイエローストーン」などの品種があります。

大輪種

花径5pほどになり、涼しい半日陰で育てるとよく咲きます。花弁が厚く花もちがよいので、よく栽培されています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

耐寒性がなく、また、夏の暑さや日射しにも弱い植物ですので、鉢やプランターで栽培します。

通常、栽培のスタートは、園芸店などに出ている開花株を購入してからになります。花が終わるまでそのまま育て、植え替えは、来年の4月〜5月ごろになります。

鉢に植えたまま保管してきた場合は、掘り上げてから分球して、細長いひも状の球根を植えつけます。まず、2〜2.5号程度のポリポットにバーミキュライトを入れて浅く植え、乾いたら湿らせる程度に軽く水やりをします。

植え付けの深さ

発芽後、鉢やプランターに、深さを2〜3pほどにして植えます。掘り上げて保管してきた場合も同様に植え付けます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土に軽石を少し混ぜたものなどを使用します。

アキメネスの花

株間

6号鉢に3球程度を標準とします。

置き場所

直射日光を嫌うので、春と秋は戸外の風通しのよい半日陰に置きます。夏は遮光して、できるだけ涼しいところにおきます。

日常の管理

生育期間中は乾燥を嫌いますので、表面の土が乾ききらないうちにたっぷりと水を与えるようにします。この際、葉や花にかからないようにします。

放任するとあまり分枝しませんので、3節ぐらいのところで摘心して株立ちを多くします。

休眠期の管理

11月下旬ごろになると花も終わりますので灌水を減らします。その後、寒さが厳しくなって地上部が枯れてきたら水やりを中止します。

地上部が枯れたら株元から切り取っておきます。鉢ごと乾燥させて、鉢土が凍らせないよう物置などに入れ春まで保管します。

鉢を保管する場所がないときは球根を掘りあげて分球し、水洗いしてから乾燥させ、ネットの袋などに入れて室内で春まで保管します。

ふやし方

挿し芽ができますので、摘芯をして切り取った部分をバーミキュライトなどに挿すと簡単に発根します。

肥料

植えつけ時に緩効性の化成肥料を与えます。市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので追肥だけにします。追肥は、夏場を除き、生育時期に2週間に1回ぐらい薄い液肥を与えます。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。